ラーシュ・ケプレル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラーシュ・ケプレルことアンドリル夫妻(2010年)

ラーシュ・ケプレルLars Kepler)は、スウェーデンの推理作家。

2009年、『催眠』でデビューしたが、ペンネーム以外のプロフィールの一切が不明で、いわゆる覆面作家であった。その正体としてヘニング・マンケル、ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト、カミラ・レックバリなどの名前が挙げられ、2004年に急逝したスティーグ・ラーソンの生存説まで憶測された[1]

新聞がその正体をスクープしたことにより、同年9月に出版社が、それぞれ単独で作品を持つ純文学作家のアレクサンデル・アンドリル(1967年1月20日 - 、ストックホルム生まれ)とアレクサンドラ・コエーリョ・アンドリル(1966年3月2日 - 、ヘルシンボリ生まれ)夫妻の共有筆名であることを明かした。夫妻は、文学活動の制限にならないように筆名を変えたと語っており、今後もケプレル名義で『催眠』に続くシリーズを執筆する予定であるという[1]。同作は刊行前から10カ国以上に翻訳権が売れ、刊行後は爆発的なヒットとなった[2]

作品リスト[編集]

ヨーナ・リンナ刑事シリーズ
# 邦題 原題 刊行年
スウェーデンの旗
刊行年月
日本の旗
訳者 出版社 日本の旗
1 催眠 Hypnotisören 2009年 2010年7月 ヘレンハルメ美穂 早川書房ハヤカワ文庫
2 契約 Paganinikontraktet 2010年 2011年7月
3 交霊 Eldvittnet 2011年 2013年12月 岩澤雅利羽根由
4 Sandmannen 2012年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ミステリマガジン』(早川書房) 2010年11月号 p.53 「実力は折り紙付きの夫婦合作作家 ラーシュ・ケプレル」
  2. ^ 『ミステリマガジン』(早川書房) 2010年11月号 p.50 - p.51 「スウェーデン・ミステリの現在」

関連項目[編集]