ラルフ・タウンゼント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラルフ・タウンゼントRalph Townsend1900年11月27日1976年1月25日)は、アメリカ合衆国の外交官・作家。中国中国人の本質を良く知っていた数少ない欧米人の一人だった。

経歴[編集]

出版[編集]

原題:"Ways that are dark:The truth about China"(Ralph Townsend, G.P. Putnam, 1933年
  • 『アメリカはアジアに介入するな!』(田中秀雄・先田賢紀智共訳、芙蓉書房出版、2005年7月)ISBN 978-4829503614
原題:"America has no enemies in Asia! : Popular rumors from Asia are very alarming, analyzed and compared facts are not"(Ralph Townsend, 1938年

脚注[編集]

  1. ^ WRITER GUILTY AS JAP AGENT

外部リンク[編集]