ラスベガスをぶっつぶせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラスベガスをぶっつぶせ
21
監督 ロバート・ルケティック
脚本 ピーター・スタインフェルド
アラン・ローブ
原作 ベン・メズリック
『ラス・ヴェガスをブッつぶせ!』
製作 デイナ・ブルネッティ
ケヴィン・スペイシー
マイケル・デ・ルカ
製作総指揮 ウィリアム・S・ビーズレイ
ブレット・ラトナー
ライアン・カヴァノー
出演者 ジム・スタージェス
ケイト・ボスワース
音楽 デヴィッド・サーディ
撮影 ラッセル・カーペンター
編集 エリオット・グレアム
製作会社 レラティビティ・メディア
トリガー・ストリート・プロダクション
配給 アメリカ合衆国の旗 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
日本の旗 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2008年3月28日
日本の旗 2008年5月31日
上映時間 122分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $35,000,000[1]
興行収入 $157,927,340[1]
テンプレートを表示

ラスベガスをぶっつぶせ』(原題: 21)は、2008年公開のアメリカ映画。原題の「21」はブラックジャックの別名。ラスベガスで実際に起きた、ブラックジャックのカードカウンティング事件を題材としたベン・メズリック英語版の小説『ラス・ヴェガスをブッつぶせ!』(Bringing Down the House, 2003年)の映画化。MITブラックジャック・チームが描かれており、このチームはマサチューセッツ工科大学などの学生や卒業生で構成され、ブラックジャックのカードカウンティングをするチームである。モデルとなったジェフ・マーも端役で出演している。

アメリカでは2008年3月28日に公開され、2週連続で興行収入1位を獲得。日本では同年5月31日に公開された。

あらすじ[編集]

ブラックジャックギャンブルのなかではディーラーよりもプレーヤーのほうが有利である数少ないゲームであることが数学確率論によって証明されている。それを前提にマサチューセッツ工科大学の数学の学生がラスベガスカジノに乗り込み、ブラックジャックで一山当てようとたくらむ。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ベン・キャンベル
(モデルはジェフ・マー
ジム・スタージェス 川田紳司
ジル・テイラー ケイト・ボスワース 松谷彼哉
コール・ウィリアムス ローレンス・フィッシュバーン 大塚明夫
ミッキー・ローザ教授 ケヴィン・スペイシー 田中秀幸
チョイ アーロン・ヨー 成瀬誠
キアナ ライザ・ラピラ 鍋井まき子
ジミー・フィッシャー ジェイコブ・ピッツ 坂詰貴之
マイルズ・コノリー ジョシュ・ギャッド こぶしのぶゆき

スタッフ[編集]

実話との相違点[編集]

  • 劇中ではジム・スタージェスを含む4人編成だが、主役のモデルはジェフ・マーというアジア系の元MIT生である。
  • 実際のMITブラックジャック・チームに属していた生徒のほとんどはアジア系であったが、映画化に際しては主演などを白人俳優たちが務めたため、アジア系コミュニティから不満の声があがった[2]
  • 映画では監視カメラの映像を見て人物を特定するまでにさほど多くの時間を要してないように見えるが、実際は監視専門の調査会社が、5年も掛かっている。また発覚後は、映画のように暴力を振るわれることはなく、ペナルティは出入り禁止のみである[3]
  • またこの事件が発覚して以来、ベガスのカジノでは毎年MITの新入生の写真を入手するようになる

脚注[編集]

  1. ^ a b 21 (2008)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月8日閲覧。
  2. ^ Youyoung Lee (2008年3月28日). “Calling the bluff: Is '21' racist?”. PopWatch Blog on Entertainment Weekly. 2008年3月29日閲覧。
  3. ^ 鉄人ノンフィクション編集部『映画になった奇跡の実話』、2013年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]