ケン・ユーストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Kenneth Senzo Usui
(Ken Uston)
生誕 Kenneth Senzo Usui
1935年1月12日
ニューヨーク
死没 1987年9月19日(52歳)
フランス・パリ
国籍 American
職業 プロギャンブラー、作家
配偶者 Betty[1]
子供 Beth Anne Uston, Katie Uston, John Uston[1]

ケン・ユーストン1935年1月12日 - 1987年9月19日)はカジノゲームブラックジャックの欧米で有名なギャンブルプレイヤー。日系二世にあたるアメリカ人。

生涯[編集]

アメリカニューヨークで日本人移民のウスイ・センゾウとオーストリア人の妻との間に3人兄弟の長男として生まれた。生名はケニス・センゾー・ウスイ (Kenneth Senzo Usui) だったとされる.[2]。IQは169であり、16歳でエール大学に入学する。その後エール大学を卒業後、ハーバード大学からMBAを取得している。1987年フランスパリにて心不全で死去(52歳)。

ギャンブル歴[編集]

ベン・メズリック著の「ラスベガスをぶっつぶせ」の中に「ケン・アストン」として登場する欧米のギャンブル史上では有名なギャンブラー。カジノ賭博の中で唯一、プレイヤーがカジノに勝利できる可能性をブラックジャックの応用戦略カードカウンティングの中に見出し、実際にその理論を実践して見せた人物として知られる。ただし、その勝率は60%程度にとどまったと言われる。なお現在でも、カジノ賭博のブラックジャックにおけるカードカウンティング行為は違法ではないが(アメリカ、ネバダ州を除く)、カジノの収益を脅かすため多くのカジノで「カードカウンティングを実質的に排除する」「カードを毎回シャッフルをする」などの対策が取られているが、近年では「エンドレス・シャッフルマシンを導入する」ことによりそのほとんどが排除される傾向にある。

脚注[編集]

  1. ^ a b Biography on Ken Uston's Blackjack World - The Official Ken Uston Web Site
  2. ^ Uston, Kathleen. “Bio”. Uston.com. 2006年11月20日閲覧。

外部リンク[編集]