ラゴイスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラゴイスク
Лагойск
座標 : 北緯54度12分00秒 東経27度51分00秒 / 北緯54.20000度 東経27.85000度 / 54.20000; 27.85000
歴史
建設 1078年
1998年
行政
ベラルーシの旗 ベラルーシ
  ミンスク州の旗 ミンスク州
 区 ラゴイスク地区(en)
 市 ラゴイスク
人口
人口 (2009年現在)
  市域 11,000人
その他
等時帯 FET (UTC+3
郵便番号 223141
市外局番 +375 1774
ナンバープレート 5
位置図
ラゴイスクの位置
公式ウェブサイト : http://logoysk.gov.by/

ラゴイスク(ラホイスク)ベラルーシ語: Лагойск)はベラルーシミンスク州ラゴイスク地区(en)の中心市である。首都ミンスクから北北東に36kmの位置にあり、ハイナ川(ru)に接する。市の付近にはミンスクとヴィーツェプスクをつなぐ高速道路が通っている。1198年より市制が敷かれた。

歴史[編集]

年代記への初出は1078年の記述であり、ポロツクの地(ru)の一部として名が挙がっている[1]12世紀頃からロゴジュスク公国の中心地となり、13世紀にはリトアニア大公国の一部となり、ヨガイラスキルガイラヴィータウタスチャルトリスキ公家、ティシュキェヴィチ伯家(en)が所領として支配した。

1505年クリミア・ハン国との戦争で街は占領され、略奪と放火を受けた。1700年 - 1721年大北方戦争ではスウェーデン・バルト帝国軍に占領され、ラゴイスク城が破壊された。

1793年、第二次ポーランド分割(en)の結果、ロシア帝国の一部となった。なお1814年 - 1819年にティシュキェヴィチ伯家の宮殿が建設されたが、第二次世界大戦(大祖国戦争(ru))の際に破壊されている。

19世紀にメステーチコ[注 1]に、1897年にボリソフスク郡の郷となった。1890年代には1180人が住んでおり、そのうち685人はユダヤ人だった。また、街にはシナゴーグユダヤ教の礼拝所、正教会カトリック教会Костёл)があった[2]

1924年都市型集落1998年に市となり、現在に至っている。

教育[編集]

2012年、230箇所に新しい幼稚園が作られた[3]

観光[編集]

姉妹都市[編集]

姉妹都市

協力協定を結んでいる自治体

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ メステーチコ(местечко)は都会風の大村を意味する行政区画(ru:Местечко参照)。郡はповет、郷はволостьの訳出。なお、これらのキリル文字表記はロシア語を用いている。
  2. ^ ロシア語表記(Демирташ)の日本語転写とトルコ語転写

出典[編集]

  1. ^ 國本哲男『ロシア原初年代記』267頁
  2. ^ Логойск//Энциклопедический словарь Брокгауза и Ефрона,В 86 томах (82 т. и 4 доп.). — СПб., 1890—1907.
  3. ^ Детский сад на 230 мест открылся в Логойске

参考文献[編集]

  • 國本哲男他訳 『ロシア原初年代記』 名古屋大学出版会、1987年。

外部リンク[編集]