ヨーゼフ・フェルディナント・フォン・エスターライヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨーゼフ・フェルディナント

ヨーゼフ・フェルディナント・フォン・エスターライヒ=トスカーナJoseph Ferdinand von Österreich-Toskana, 1872年5月24日 - 1942年8月25日)は、オーストリア=ハンガリー帝国皇族上級大将軍人)。ハプスブルク=ロートリンゲン家出身。

トスカーナ大公国最後の大公フェルディナンド4世オーストリアに亡命後の1872年に、パルマ公女アリツィア・フォン・ブルボン=パルマ(パルマ公カルロ3世の娘)との間に生まれる。最後のオーストリア皇后ツィタは母方の従妹に当たる。ウィーンで生まれザルツブルクで育つ。テレジア士官学校を出てからは軍人の道を進む。

1908年、父が亡くなると、兄のレオポルトを差し置いてトスカーナ大公家の家長となった。

第一次世界大戦が勃発すると、ガリツィア方面で第14軍団を指揮した。当初はロシア軍に対し優位に戦いを進めたが、南方の第3軍が敗走するとオーストリア軍も敗退が相次ぎ、ガリツィア地方を放棄して後退を余儀なくされる。間もなくヨーゼフ・フェルディナントは第4軍の指揮を任命される。翌1915年、独墺軍は反撃に転じてロシア軍を大幅に後退させ、第4軍はルーツク方面の前線まで出る。翌年には上級大将に昇進した。ここまでは戦線も優位に安定していて順調だったが、ロシア軍は攻勢を開始し(ブルシーロフ攻勢)、第4軍は壊滅的被害を受ける。これによりヨーゼフ・フェルディナントは第4軍の指揮官を解任される。その後、新皇帝カールによって後方支援の別のポストに割り当てられ、そのまま敗戦を迎えた。

敗戦後、ハプスブルク家の皇族はオーストリアへの入国を禁止されるが、ヨーゼフ・フェルディナントは家格を放棄し皇籍を離れることで、ウィーンにとどまり余生を過ごす。しかし時代の流れはウィーンを巻き込み、1938年ナチス・ドイツはオーストリアを併合(アンシュルス)。ナチスの機関はフェルディナントを抑留し、ダッハウ強制収容所に監禁する。しかし間もなくゲーリングの取り成しで釈放され、ウィーンに戻り1942年8月に70歳で死去した。

弟のペーター・フェルディナントがハプスブルク=トスカーナ家家長を継いだ。

先代:
フェルディナンド4世
〈名目上〉トスカーナ大公
ハプスブルク=トスカーナ家家長

1908年 - 1942年
次代:
ペーター・フェルディナント