ヤン・ヴァーツラフ・カリヴォダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤン・ヴァーツラフ・カリヴォダ

ヤン・(クシチテル・)ヴァーツラフ・カリヴォダJan (Křtitel) Václav Kalivoda , *1801年2月21日 プラハ - †1866年12月3日 カールスルーエ)はボヘミア出身の作曲家・楽長・ヴァイオリニストドイツで活躍したため、ヨハン・バプティスト・ヴェンツェル・カリヴォダJohann (Babtist) Wenzel Kalliwoda)のドイツ語名で知られる。

早くも1811年プラハ音楽院アロイス・ディオニュス・ヴェーバー作曲を、フリードリヒ・ヴィルヘルム・ピクシスにヴァイオリンを学ぶ。14歳でヴァイオリン奏者としてデビュー。学業を終えるとプラハ歌劇場管弦楽団に入団。1821年からヴァイオリニストとしてリンツミュンヘンなどヨーロッパ各地で演奏旅行を続け、成功を収める。1822年から1865年まで、コンラディン・クロイツァーの後任としてドナウエッシンゲン侯国宮廷楽長に就任。亡くなる直前までこの地位に就いていた。1865年に引退。翌年、心筋梗塞により他界。

カリヴォダはきわめて多作な作曲家であり、たとえばローベルト・シューマンのような同時代の音楽家から、高い評価を受けていた。作品数は数百曲にのぼり、そのうちおよそ250曲に作品番号が付けられている。歌劇交響曲演奏会用序曲ピアノ協奏曲ピアノ曲教会音楽歌曲、合唱曲のほか、いくつかの器楽曲がある。

夫人は声楽家のテレーゼ・ブルネッティ(1803年 - 1892年)。息子のヴィルヘルム・カリヴォダ(1827年 - 1893年)は父親の後を継いで音楽家となり、カールスルーエバーデン公国の宮廷楽長に就任した。

主要作品一覧[編集]

  • 交響曲 第1番 ヘ短調 作品7
  • ヴァイオリン協奏曲 第1番 作品9
  • 4手のためのピアノ曲《大行進曲》作品26
  • 4手のためのピアノ曲《ディヴェルティメント ヘ短調》作品28
  • 2つのヴァイオリンのための二重奏曲 ト短調 作品70
  • オーボエと管弦楽の為の小協奏曲 ヘ長調 作品110
  • 4手のための《ピアノ・ソナタ ト短調》作品135
  • ミサ曲イ長調 作品137
  • オーボエとピアノのためのサロン的小品 作品228
  • クラリネットとピアノのためのサロン的小品 作品229
  • ファゴットとピアノのためのサロン的小品 作品230
  • 寓意劇《聴衆 "Die Audienz"》
  • 歌劇《クリスティーネ姫 "Prinzessin Christine"》
  • "Billibambuffs Hochzeitsreise zum Orcus und Olymp" (Fastnachtsspiel)
  • "Blanda, die silberne Birke" (Oper in 3 Akten)

外部リンク[編集]