ヤング・パンクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
The Young Punx!
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル ニューレイヴ
マッシュアップ
グライム
活動期間 2006–現在
レーベル MofoHifi Records
エイベックス
公式サイト Official website
メンバー
ハル・リットソン
カム・ソーンダース

{{{Influences}}}

ヤング・パンクス(The Young Punx!)は、イギリスイングランドロンドン出身のエレクトロニック・ミュージックバンド2006年デビュー。

概要[編集]

ファットボーイ・スリムベースメント・ジャックスに連なるド派手でキャッチーなブレイクビーツを基盤に、ハード・ロック的なギターバンドのアンサンブル、加えてグライム中心のヒップホップグルーヴまで何でも取り込む雑多で折衷主義的な、ひたすらにパーティ要素を追求したダンス・サウンドで頭角を表す。ライヴではDJ+ギター・バンド+ゲスト・ヴォーカル&MCといった大所帯のアクトを構成し、着ぐるみや被り物によるコスチューム・パフォーマンスも行う。

ハル・リットソン(Hal Ritson)とカム・ソーンダース(Cameron Saunders)のプロデューサーユニットとして2000年初頭から活動を開始し、メジャー・レーベルも含め各方面から依頼されたリミックスを手掛けるスタジオワークの一方で、精力的なDJ活動やダンス・アクトとしてのライヴ活動も展開する。とりわけ、日本のバンドASIAN KUNG-FU GENERATIONが主催するNANO-MUGEN FES.にたびたび出演するなど、サマーソニック'07を含め2006年から毎年のように来日を繰り返し、都合4年連続での来日公演が実現している。 前述のASIAN KUNG-FU GENERATIONの他、浜崎あゆみなどのリミックスも行う。

ディスコグラフィ[編集]

  • Your Music Is Killing Me (2007)
2曲目のWake up, make up, bring it up, shake upは、人志松本の○○な話のオープニングに使われている。
  • The Young Punx! (2008)

外部リンク[編集]