ヤショヴァルマン1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤショヴァルマン1世
ព្រះបាទយសោវរ្ម័នទី១
Yasovarman I
クメール王
在位 889年 - 910年
別号 Paramashivaloka(諡号)
出生 不詳
死去 910年
子女 ハルシャヴァルマン1世
イーシャナヴァルマン2世
王朝 アンコール朝
父親 インドラヴァルマン1世
母親 インドラデヴィ
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示
プノン・バケン寺院跡(2008年

ヤショヴァルマン1世クメール語: ព្រះបាទយសោវរ្ម័នទី១、Yasovarman I)はカンボジアアンコール朝第4代目の[1][2]。在位889-910年[3]インドラヴァルマン1世の子。

生涯[編集]

父王の死後889年に即位した[4]。ロリュオス川流域にあった前王の都ハリハラーラヤで即位し[2]、父インドラヴァルマン1世が築いたことからインドラタターカと呼ばれたバライ [3]、すなわち貯水池の中央にロレイを建築し、父母や祖父母を祀った[2]

また、継承権争いの際に王宮が破壊されたため、シュムリアップ川流域、後にアンコール・トムの建設される土地一帯に、第1次アンコール王都とされる新都を建設し、そこに遷都したことで知られる[1][2]。この新都は王の名をとってヤショダラブラと呼ばれた[1]

900年頃には、旧都ハリハラーラヤのバライであるインドラタターカの北東端から、新都へとつながる道路を整備させた[2]。さらに、新都の東に大規模な貯水池として、ヤショダラタターカと呼ばれた東バライを築いた[2]

ヒンドゥー教信者で、プノン・バケン寺院など国内各地に精舎とも同一視されるヒンドゥー教寺院を建設したことでも知られる[1][2]910年ハンセン病で死去した。碑文には名君であり優れた建設者として「獅子の男」と讃えられている[5]。王位はその子ハルシャヴァルマン1世に継がれた[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 京大東洋史事典編纂会『新編東洋史事典』東京創元社、1990年4月第9版、P843。
  2. ^ a b c d e f g 石澤良昭 『アンコール・ワット』 講談社〈講談社現代新書〉、1996年、50-57頁。ISBN 4-06-149295-0
  3. ^ a b Rooney (2011) p. 36
  4. ^ Higham, Charles (2001). The Civilization of Angkor. Berkeley: University of California Press,pp.63 ff.
  5. ^ Chandler, David (1992). A History of Cambodia. Boulder: Westview Press.,P40
  6. ^ Rooney (2011) p. 467

参考文献[編集]

  • Rooney, Dawn F. (2011). Angkor: Cambodia's Wondrous Khmer Temples (6th ed.). Odissey. ISBN 978-962-217-802-1. 

関連項目[編集]

先代:
インドラヴァルマン1世
クメール
(アンコール朝)
889年 - 910年
次代:
ハルシャヴァルマン1世