カナウジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カナウジ
कन्नौज , کنوج
ウッタル・プラデーシュ州の位置を示したインドの地図
カナウジの位置
カナウジ
カナウジの位置
ウッタル・プラデーシュ州 とインド内)
測地系: 北緯27度04分 東経79度55分 / 北緯27.07度 東経79.92度 / 27.07; 79.92
インドの旗 インド
ウッタル・プラデーシュ州
行政区 カナウジ県
人口 71,530 (2001年現在)
標準時 IST (UTC+5:30)
面積
海抜

139 m (456 ft)

座標: 北緯27度04分 東経79度55分 / 北緯27.07度 東経79.92度 / 27.07; 79.92

カナウジ(Kannauj)は、インドの都市。ウッタル・プラデーシュ州に属する。カーニャクブジャ(Kanyakubja)とも称される。古代から中世にかけて繁栄した北インド古都。現在の人口は71,530人(2001年)。

立地[編集]

ウッタル・プラデーシュ州のほぼ中央やや西寄りに位置し、カーンプルの北西約80キロメートルに所在する。ガンジス川上流右岸に立地している。

伝承[編集]

伝説によれば、あるリシ(仙人)が、邪推から腹をたて、王の友人の娘を呪い、せむしにしてしまったという。カーニャクブジャとは「せむしの娘たちの町」という意味である[1]

歴史[編集]

カナウジをめぐる三国の抗争。パーラ朝(紫)、プラティーハーラ朝(緑)、ラーシュトラクータ朝(橙)

6世紀半ばのグプタ朝滅亡後の分裂後、マウカリ朝英語版の都となっていたが、7世紀初頭、王が後継なく死去したのち、義理の兄にあたるヴァルダナ朝ハルシャ・ヴァルダナが、マウカリ朝を併合し、この地を都として四囲を征討し、広大な版図を統治した。

当時、インドを訪れた玄奘は、『大唐西域記』において、カナウジを曲女城(きょくめじょう)と記し、その繁栄ぶりや当時のインドの人びとの正直で誇り高いようす、カースト制度などについて伝えている[2]

また、9世紀半ばから10世紀後半にかけて、プラティーハーラ朝もカナウジを都としてガンジス川上・中流域からインド西部を統治した。歴代の王は芸術を愛し、ヒンドゥー教とともに仏教も保護したので、町は北インド文化の一大中心地となった。また、東のパーラ朝8世紀後半-12世紀前半)、南のラーシュトラクータ朝753年-973年)もカナウジを支配しようとしたため、三者は互いに争うこととなった。

11世紀よりアフガニスタンを拠点としたイスラーム勢力が侵入してくると、カナウジは衰退へと向かった。1019年にはガズナ朝マフムードによる襲撃を受け、1194年にはゴール朝によって再び略奪された。13世紀よりデリー・スルターン朝の統治下におかれたのちは、かつての繁栄を取り戻すことはなかった。市内には、ジャイナ教風の柱をもつモスクの一部が残る。また、ムスリムの城主マダン・シャーの墓廟建築がある。

脚注[編集]

  1. ^ 塚本(1974)
  2. ^ 『大唐西域記』巻2-10

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]