ヤコブ・ベルヌーイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤコブ・ベルヌーイ

ヤコブ・ベルヌーイJakob Bernoulli1654年12月27日 - 1705年8月16日)は、ヤコブ、ジャック、あるいはジェームス・ベルヌーイとしても知られるスイスの数学者・科学者。ヨハン・ベルヌーイの兄である。スイスバーゼルの生まれ。

ヤコブ・ベルヌーイは、1676年に英国に旅した折にロバート・ボイルロバート・フックに会い、その後、科学と数学の研究に一生を捧げることになった。1682年からはバーゼル大学で教鞭をとり、1687年には同大学の数学の教授に就任する。

彼は、ゴットフリード・ウィルヘルム・ライプニッツと交流をもちライプニッツから微積分を学び、弟のヨハンとも共同研究を行う。 彼の初期の業績である超越曲線(1696)とisoperimetry (1700, 1701)はこの共同作業がもたらした成果である。

Ars Conjectandi, Opus Posthumum (推測法、1713)は、彼の確率論の偉大な貢献である。ベルヌーイ試行ベルヌーイ数はこの著作から、彼の功績を記念して名づけられた。

関連項目[編集]