ベルヌーイ分布

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

数学では、ベルヌーイ分布は、確率 p で 1 を、確率 q = 1 − p で 0 をとる、離散確率分布である。ベルヌーイ分布という名前は、スイスの科学者ヤコブ・ベルヌーイにちなんでつけられた名前である。

Xをベルヌーイ分布に従う確率変数とすれば、

 P(X=1)=p , \qquad P(X=0)=q=1-p

である。確率変数X平均p分散pq = p(1 − p) である。

ベルヌーイ分布の(離散)確率分布は次のように表される。

f(k;p) = p^k (1-p)^{1-k}\!\quad \text{for }k\in\{0,1\}.

上式が確率分布であることは、変数kが0, 1の時の分布の値の和をとることで確かめられる。 k=1 のとき f(1;p) = p, k=0のとき f(0;p) = 1-pなので、和は1である。 従って、上式は確率分布の定義を満足する。

ベルヌーイ分布は、指数分布族である。

関連項目[編集]