ヤコブ・ビヤークネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤコブ・ビヤークネス
人物情報
生誕 1897年11月2日
スウェーデンの旗 スウェーデン ストックホルム
死没 1975年7月7日(満77歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ロサンゼルス
居住 ノルウェーの旗 ノルウェー
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 ノルウェーの旗 ノルウェー
出身校 オスロ大学ライプツィヒ大学
学問
研究分野 気象学
研究機関 ベルゲン地球物理研究所カリフォルニア大学ロサンゼルス校
主な受賞歴 ウィリアム・ボウイ・メダル(1945年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ヤコブ・ビヤークネス(Jacob Aall Bonnevie Bjerknes、1897年11月2日 - 1975年7月7日)はノルウェー気象学者。父である気象学者のヴィルヘルム・ビヤークネスとともにノルウェー学派の代表者。

スウェーデンストックホルム生まれ。オスロ大学ライプツィヒ大学で学び、ベルゲン地球物理研究所所員(1918年 - 1920年)、同予報担当官(1920年 - 1931年)、同教授(1931年 - 1940年)などを務めた。1940年からはカリフォルニア大学ロサンゼルス校気象学教授となった。

スイスイギリスカナダ、アメリカの天気予報業務の顧問をし、第二次世界大戦中はアメリカ空軍の顧問をした。温帯低気圧の構造、大気の安定度に関する研究、多重成層圏の確認などで名高い。

関連項目[編集]