モハンマド・アリー・ラジャーイー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モハンマド・アリー・ラジャーイー
محمدعلی رجایی
Rjaee.jpg

任期 1981年8月15日1981年8月30日


第87代 イラン首相
初代イスラーム共和国首相
任期 1980年8月12日1981年8月4日
元首 アボルハサン・バニーサドル


イラン外務大臣
第7代イスラーム共和国外相
任期 1981年3月11日1981年8月15日

出生 1933年6月15日
イラン帝国 イラン帝国ガズヴィーン
死去 1981年8月30日(満48歳没)
イランの旗 イランテヘラン

モハンマド・アリー・ラジャーイーペルシア語: محمدعلی رجایی‎; Moḥammad-‘Alī Rajāī; 1933年7月15日 - 1981年8月30日)はイランの政治家。大統領(第2代)、首相を歴任。また首相在任時に外務大臣を兼任した。

ラジャーイーは1933年、ガズヴィーンに生まれた。1959年、タルビヤト・モアッレム大学から教育学の学位を得て卒業した [1]

イラン・イスラーム革命の強力な支持者であり、イラン諸大学における欧米の影響力排除の運動指導者であった。この活動はのちにイスラーム文化革命と称されることになる。さらにイランにおける70歳定年制導入の運動を始めた。

病院にアリー・ハーメネイー(左)を見舞うラジャーイー(右)。1981年6月27日のモジャーヘディーネ・ハルグによる暗殺未遂事件の後。

暗殺[編集]

1981年8月30日、ラジャーイー大統領はモハンマド・ジャヴァード・バーホナル首相とともにイラン防衛最高評議会に出席。目撃者がのちに語ったところによると、信頼する補佐官がブリーフケースを会議室に持ち込み、大統領と首相のあいだに置いて立ち去った。別の人物がそれを開くと、それが引き金となり爆発。部屋は炎上し、ラジャーイー、バーホナルほか3人が殺害された[1]。実行犯は国家治安機関職員を装い首相府に潜入していたモジャーヘディーネ・ハルクの工作員マスウード・カシュミーリーと特定された[要出典]

大統領在職期間は16日であった。

出典[編集]

  1. ^ Facts on File (1982) (英語). Facts on File Yearbook 1981. Facts On File Inc.. ISBN 9780871960405. 


公職
先代:
アボルハサン・バニーサドル
イランの旗 イラン・イスラーム共和国大統領
第2代:1981
次代:
アリー・ハーメネイー
先代:
メフディー・バーザルガーン
(暫定)
イランの旗 イラン・イスラーム共和国首相
1980 - 1981
次代:
モハンマド・ジャヴァード・バーホナル
先代:
モハンマド・キャリーム・ホダーパナヒー
イランの旗 イラン・イスラーム共和国外務大臣
1981
次代:
ミールホセイン・ムーサヴィー