モイナク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯43度46分 東経59度02分 / 北緯43.767度 東経59.033度 / 43.767; 59.033

モイナク市の入り口にある看板

モイナクウズベク語: Mo‘ynoq / Мўйноқ; カラカルパク語: Moynaq / Мойнақ; ロシア語: Муйнак/ラテン文字表記の例: Muynak、ムイナク)はウズベキスタンの西部にある自治共和国・カラカルパクスタン共和国の北部にある都市。人口は1989年ソ連国勢調査では12,195人だった。2009年の推計では17,619人ともされる[1]が、人口は激減しているとの報告もある。アラル海漁業を中心とした都市であったが、1980年代以降のアラル海の急速な縮小で海岸線が80km以上先に遠ざかり、産業は衰退している。

モイナクは20世紀半ばまではアラル海南端の半島上の繁華な漁港であり、ウズベキスタン唯一の港湾都市でもあった。ソビエト連邦時代の1963年に市に昇格している。当時の主な雇用主は魚の缶詰を製造するコンビナートおよび漁船の船団であった[2]。しかし乱獲や、アムダリヤ川上流の綿花地帯からの化学物質の流入で漁業資源は下り坂になり、綿花栽培によるアムダリヤ川およびシルダリヤ川の流入量の減少でアラル海が干上がると漁業および関連産業は劇的に衰退した。現在は多数の漁船が放置され朽ちており、海底だった場所から吹く砂嵐による健康被害も起こっている。

脚注[編集]