メリー・メル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2010年撮影

メリー・メル( Melle Mel)またはグランドマスター・メリー・メル( Grandmaster Melle Mel),本名メルヴィン・グローヴァー(Melvin Glover,1961年5月15日生)は、北米のヒップホップのオリジネーターの一人で、Grandmaster Flash and the Furious Fiveのリード・ラッパー、ほとんどのリリックを書いた。

伝記[編集]

チェロキー族の母親から生まれた。自身を"MC"(マスター・オブ・セレモニー=儀式の主人)と呼んだ最初の人物である。フューリアス・ファイブのもう一人のメンバーCowboy (キース・ウィギンス)は"hip-hop"という用語を生んだ。[1]

Grandmaster Flash & The Furious Fiveは1979年にEnjoyレコードから"Superrappin'"を発表。

その後Sugarhillレコードに移り、R&Bチャートで"Freedom""The Birthday Party"などのパーティー・ソングがヒット。"Freedom"はゴールド(50万枚)となり、ツアーした。

ザ・メッセージ82[編集]

1982年、メリー・メルは社会問題に意識的になり、レーガノミクス・麻薬・麻薬が黒人コミュニティーに及ぼす影響などを扱った『ザ・メッセージ』を発表。

同曲はすぐにクラシックとなり、社会派ヒップホップの先駆けになった。同曲はデューク・ブーティ英語版のインストゥルメンタル曲"The Jungle"にライムを乗せたものである。同曲には以前の"Superrappin'"からの引用もあった。

『ザ・メッセージ』は1ヶ月以内にプラチナム(100万枚)となり、ヒップホップ初のグラミー賞入選となった。

他に、ニューヨーク生活の苦闘を"New York, New York"で、人生一般の戦いを"Survival (The Message 2)"でライムした。

『ザ・メッセージ』の印税をめぐってメリー・メルとSugarhillレコードのプロモーターSylvia Robinsonがもめるとグランドマスター・フラッシュはグループを脱退。

フラッシュはSugar Hillレコードを訴え、フューリアス・ファイブは分裂。

メルは「グランドマスター・メリー・メル」を名乗り、ザ・フューリアス・ファイヴのリーダーとなった。

1983年にグループは麻薬撲滅を題材とした楽曲"White Lines (Don't Don't Do It)" を発表。ポスト・パンクのバンドリキッド・リキッドの『cavern』のベースラインをサンプリングし、非公式ビデオは当時無名の映画学校生スパイク・リーが監督、当時新人の俳優ローレンス・フィッシュバーンが出演していた。

同曲は"Grandmaster + Melle Mel"として発表され、レーベルは、フラッシュが参加しているという錯覚を与えようとした。

メルは映画『ビート・ストリート』に出演、主題歌も歌いさらに成功した。

メインストリームに侵入[編集]

その後、1984年にチャカ・カーンの"I Feel for You"(プリンス作曲)でラップ参加し、グラミー賞の「レコード・オブ・ザ・イヤー」賞を受賞した初のラッパーとなり、ラップをメインストリームに持ち込んだ。

Grandmaster Melle Mel & The Furious Fiveとして"Step Off", "Pump Me Up", "King of the Streets", "Jesse", "Vice"などがヒットし、このうち"Vice"は人気ドラマの『マイアミ・ヴァイス』のサウンドトラックに収録された。また、"Jesse"は当時の黒人初の大統領候補ジェシー・ジャクソンへの投票を呼び掛ける内容である。

1988年にフラッシュと再合流しアルバム"On The Strength"を発表するが、エリックB&ラキム英語版DJ・ジャジー・ジェフ&ザ・フレッシュ・プリンス, パブリック・エナミー, ブギ・ダウン・プロダクションズ, ビッグ・ダディ・ケインなどのニュー・スクールのミュージシャンのアルバムが多数チャートインしていたためヒットには至らなかった。

その後[編集]

その後アパルトヘイトに反対するアーティストたち英語版の一員としてアパルトヘイト撲滅歌『サン・シティ』の収録に参加した。

1980年代末にクインシー・ジョーンズの二作"Back On The Block" & "Q – The Autobiography of Quincy Jones"に参加した。

1996年にシェールのヒット"One By One"に参加。

1997年、Straight Gameレコードと契約、アルバムRight Nowを発表。元フューリアス・ファイブのScorpioも参加したが、売れなかった。

2001年、"On Lock"という曲をDie Hardという名前で映画Blazinのサントラで発表。Die Hardは2002年に7PRecordsでアルバム発表。


レディー・ガガとの共演[編集]

2006年,作家Cricket Caseyと絵本"The Portal In The Park"を発売。付録CDにはメルのラップ版ナレーションがついていた。ちなみに、同CDには当時無名のレディー・ガガの歌う二曲の歌も収録されていた。

2010年に絵本は再発。レディー・ガガは"World Family Tree""The Fountain of Truth"でメルと共演。

2006年、メルはプロレスの学校に入学。

2007年、allhiphop.comのインタビューで「WWEと契約してプロレス選手になり、自分の仕事をする」と宣言した。

2007年、初のソロ・アルバムMuscles(筋肉)発表。初のシングルは"M3 – The New Message"だった。

2007年、Melle Mel and The Furious Five (フラッシュを含む)はラップ・グループとして初めてロックンロールの殿堂入りした。受賞演説でメルはヒップホップを非暴力化すべきだと主張、「俺は撃たれたことがない。俺は逮捕されたことがない。人生ずっとヒップホップをやってきた。物事は俺一人では変えられない。みんなの助けが必要だ。さあいっしょにやろうぜ。まともにやるんだ」と発言した。

2008年ドラマ‘Bronx Flavor’に出演。

2011年、Urban Wrestling Federationに参加することを表明。

2012年のアイス-T の音楽ドキュメンタリー映画"Something from Nothing: The Art of Rap"に出演。

盤歴[編集]

シングル[編集]

共演[編集]

  • What's the Matter with Your World? – (with Van Silk) 1989[42]
  • What Order – (with Keith LeBlanc) 1996[43]
  • RSVP – (with Nikkole) 2005

参照[編集]

  1. ^ Yes yes y'all: the Experience Music Project's oral history of hip-hop's first decade, by Jim Fricke and Charlie Ahearn; Publisher: Cambridge, Mass. da capo press, 2002
  2. ^ the younger generation – we rap more mellow”. Theloveunlimited.com (2007年9月4日). 2010年7月10日閲覧。
  3. ^ Various – Flash It To The Beat / Fusion Beats Vol. 2 (Vinyl) at Discogs”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  4. ^ Grandmaster Flash And The Furious Five* – Superappin' at Discogs”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  5. ^ Grandmaster Flash & The Furious Five – Super Rappin' No.2 at Discogs”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  6. ^ Grandmaster Flash & The Furious Five – Freedom at Discogs”. Discogs.com (2010年3月20日). 2010年7月10日閲覧。
  7. ^ Grandmaster Flash & The Furious Five – The Birthday Party at Discogs”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  8. ^ Furious Five, The Meets Sugarhill Gang – Showdown (Vinyl) at Discogs”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  9. ^ Grandmaster Flash & The Furious Five – It's Nasty (Genius Of Love) at Discogs”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  10. ^ Grandmaster Flash & The Furious Five – Scorpio at Discogs”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  11. ^ Grandmaster Flash & The Furious Five – The Adventures Of Grandmaster Flash On The Wheels Of Steel at Discogs”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  12. ^ Grandmaster Flash & The Furious Five – The Message at Discogs”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  13. ^ Images for Melle Mel & Duke Bootee – Message 2 (Survival)”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  14. ^ Grandmaster Flash & The Furious Five – New York New York at Discogs”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  15. ^ Images for Grandmaster & Melle Mel* – White Lines (Don't Don't Do It)”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  16. ^ Grandmaster Flash & The Furious Five: White Lines (Don't Don't Do It): Record Sleeve”. Vinylrecords.ch. 2012年12月26日閲覧。
  17. ^ Images for Grandmaster Flash & Melle Mel – White Lines (Don't Don't Do It)”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  18. ^ Grandmaster Melle Mel & The Furious Five* – Continuous White Lines (Vinyl) at Discogs”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  19. ^ Images for Grandmaster Melle Mel – Jesse”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  20. ^ Images for Grandmaster Melle Mel & The Furious Five – Beat Street Breakdown”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  21. ^ Grandmaster Melle Mel & The Furious Five – Beat Street / Internationally Known (Vinyl) at Discogs”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  22. ^ Images for Grandmaster Melle Mel & The Furious Five – Step Off”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  23. ^ Images for Grandmaster Melle Mel & The Furious Five – We Don't Work For Free”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  24. ^ Images for Grandmaster Melle Mel & The Furious Five – World War III / The Truth”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  25. ^ a b Images for Grandmaster Melle Mel – Vice / World War III”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  26. ^ Images for Grandmaster Melle Mel – King Of The Streets”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  27. ^ Images for Grandmaster Melle Mel & The Furious Five – Pump Me Up”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  28. ^ Melle Mel – The Mega-Melle Mix (Vinyl) at Discogs”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  29. ^ Grandmaster Flash & The Furious Five – Gold at Discogs”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  30. ^ Grandmaster Flash And The Furious Five* – Magic Carpet Ride / On The Strength at Discogs”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  31. ^ Grandmaster Flash And The Furious Five* – Magic Carpet Ride / On The Strength (Vinyl) at Discogs”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  32. ^ Da Original / Furious Five, The – Somebody Else / Sun Don't Shine In The Hood (Vinyl) at Discogs”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  33. ^ Grandmaster Flash & The Furious Five – The Message 95' (Die Fantastischen Vier Remix) (Vinyl) at Discogs”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  34. ^ Grandmaster Flash & The Furious Five – The Message 95' (Die Fantastischen Vier Remix) (CD) at Discogs”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  35. ^ Grandmaster Flash & The Furious Five – The Message (Vinyl) at Discogs”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  36. ^ Grandmaster Flash & The Furious Five – The Message (CD) at Discogs”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  37. ^ Melle Mel – Mama (Vinyl) at Discogs”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  38. ^ Grandmaster Mele-Mel* & Scorpio (3) – Mama (Vinyl) at Discogs”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  39. ^ Grandmaster Mele-Mel* & Scorpio (3) – Mr. Big Stuff at Discogs”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  40. ^ Melle Mel – Where Ya At? (Vinyl) at Discogs”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  41. ^ Grandmaster Mele Mel* – M-3 (Vinyl) at Discogs”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  42. ^ Grandmaster Mele Mel* & Van Silk – What's The Matter With Your World? at Discogs”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。
  43. ^ Melle Mel & Keith LeBlanc – What Order (Vinyl) at Discogs”. Discogs.com. 2010年7月10日閲覧。

外部リンク[編集]