ブギ・ダウン・プロダクションズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブギ・ダウン・プロダクションズBoogie Down Productions)は、KRSワンDナイス、そしてDJスコット・ラ・ロックの3人で結成されたヒップホップ グループ1987年 8月27日、彼らのアルバム第1弾「クリミナル・マインデッド」を発表後、DJのスコット・ラ・ロックが凶弾を受けて死去。グループに冠せられた「ブギ・ダウン」は、ニューヨーク市ブロンクス区の別称である。Dナイスは、自分たちの前座でパフォーマンスを行っていたキッド・ロックに才能を感じ、1990年、彼のデビューアルバム「グリッツ・サンドウィッチ・フォー・ブレックファースト」発売の支援を行った。

経歴[編集]

ヒップホップ生誕の地はブロンクスだと言われているが、彼らのライバル集団であるジュース・クルーは、「ザ・ブリッジ」という曲の中で、ヒップホップはクイーンズブリッジ団地出身のアーティストたちの手で築かれていったと主張していた。これに対して、ブギーダウン・プロダクションズは、「ザ・ブリッジ・イズ・オバー」や「サウス・ブロンクス」といった曲の中で反論を行い、ヒップホップの歴史の中でも有名な論戦が始まった。MCシャンマーリー・マールロクサーヌ・シャンテなどのアーティストたちが、一斉にKRSワンやスコット・ラ・ロックに対して個人的に攻撃し始めた。これが世に言う「ブリッジ戦争(Bridge Wars)」、もしくは「ブリッジバトル(Bridge Battle)」である。

しかしこの論戦は、すぐに終結することになった。ブギ・ダウン・プロダクションズのアルバム第2弾の発表前に、スコット・ラ・ロックが死去したためである。この結果、KRSワンがコンシャス・ラップに集中するようになった。

第1弾アルバム「クリミナル・マインデッド」では、犯罪といった内容を扱ったが、スコットの死後、ブギ・ダウン・プロダクションズは、劇的な変貌を遂げ、パブリック・エネミーに並ぶ、最も人気を集めるヒップホップグループとして君臨するようになった。

ラガとヒップホップを融合させる試みを始めたのは、彼らであった。ブギ・ダウン・プロダクションズのメンバーは、結成以来、幾度とない入れ替わりを経験してきた。マッド・ライオン、チャンネル・ライブ、トニー・ラーサン、MCブー、ミセス・メロディー、ヒーザー・B、スコッティー・モリス、ウィリー・D、ロボコップ、ハーモニー、DJレッド・アラート、ジェイ・クラマー、Dスクエア、レベッカ・フォスター、シドニー・ミルズなどが、グループと何らかの関わりを持ってきた。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • Criminal Minded (1987) ※2008年2月再発
  • By All Means Necessary (1988)
  • Ghetto Music:The Blueprint Of Hip Hop (1989)
  • Edutainment (1990)
  • Live Hardcore Worldwide (1991) (ライブ音源)
  • Sex And Violence (1992)