メラーカメレオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メラーカメレオン
メラーカメレオン
メラーカメレオン Chamaeleo melleri
保全状況評価[a 1]
ワシントン条約附属書II
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : トカゲ亜目 Sauria
下目 : イグアナ下目 Iguania
: カメレオン科 Chamaeleonidae
亜科 : カメレオン亜科 Chamaeleoninae
: カメレオン属 Chamaeleo
亜属 : ミツヅノカメレオン亜属 Trioceros
: メラーカメレオン C. melleri
学名
Chamaeleo melleri (Gray, 1865)
和名
メラーカメレオン
英名
Meller's chameleon

メラーカメレオンChamaeleo melleri)は、爬虫綱有鱗目カメレオン科カメレオン属に分類されるトカゲ。

分布[編集]

タンザニア南東部、マラウイ[1][2]

形態[編集]

最大全長60センチメートルとアフリカ大陸に分布するカメレオン科の構成種では最大種[1][2]。全身は不均質な粒状の鱗で覆われる[2]。体色は黄色や褐色、緑色、黒などで、横縞が入る個体が多い[2][1][2]

吻端は突出し、短い角がある個体もいる[2]。後頭部の隆起(冠、カスク)は低いが、後頭部から肩を覆う皮膚膜(後頭葉、ローブ)が非常に発達する[2]。背面の正中線上には、波打った帆のような鱗(背稜)が尾の先端まで並ぶ[2]。喉や腹面に並ぶ鱗(咽喉稜、腹稜)は発達しない[2]

卵は長径1.8-2.5センチメートル、短径1.3-1.4センチメートル[2]。孵化直後の幼体は全長6-7センチメートル[2]

生態[編集]

サバンナに生息する[1][2]。主に地上10メートル以上の樹冠部で生活するが、マラウイでは地表を歩く個体が観察された例もある[2]

食性は動物食で、昆虫、爬虫類、小型哺乳類などを食べる[2]

繁殖形態は卵生。1回に38-91個(平均50個)の卵を産む[2]。卵は23℃の環境下で5か月で孵化する[1]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 千石正一監修 長坂拓也編著 『爬虫類・両生類800種図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、47頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 千石正一 「カメレオンの分類 第4回 -ミツヅノカメレオン亜属(Triceros)-」『クリーパー』第16号、クリーパー社、2003年、27頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]