メチルシクロペンタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メチルシクロペンタン
Methylcyclopentane
識別情報
CAS登録番号 96-37-7 ×
PubChem 7296
ChemSpider 7024 ×
EINECS 202-503-2
特性
化学式 C6H12
モル質量 84.16 g mol−1
外観 無色透明の液体
匂い ガソリン[1]
密度 0.749 g/cm3[2]
融点

-142.4 °C[2]

沸点

71.8 °C[2]

への溶解度 42mg/L(25℃)
有機溶媒への溶解度 エーテルアセトンエタノールに混和[1]
危険性
引火点 -29℃[1]
発火点 258℃[1]
爆発限界 1 - 8.4%[1]
関連する物質
関連するC6H12の異性体 2-メチル-1-ペンテン
3-メチル-1-ペンテン
4-メチル-1-ペンテン
2-メチル-2-ペンテン
3-メチル-2-ペンテン
4-メチル-2-ペンテン
1-ヘキセン
2-ヘキセン
3-ヘキセン
2-エチル-1-ブテン
シクロヘキサン
関連物質 2-メチルペンタン
3-メチルペンタン
メチルシクロヘキサン
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

メチルシクロペンタン: Methylcyclopentane)は、示性式CH3C5H9で表される有機化合物である。シクロペンタン水素原子一つがメチル基に置き換わった構造である。MCPとも略記される。

利用[編集]

重質油に含まれ、異性化脱水素反応によりベンゼンに変換される[3]。ベンゼンの有害性と、MCPが一定以上のオクタン価を有することから、超酸性触媒タングステンジルコニアを用いてベンゼンをMCPに変換した低ベンゼンガソリンも製造されている[4]

脚注[編集]