シクロペンタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シクロペンタン
{{{画像alt2}}}
識別情報
CAS登録番号 287-92-3 チェック
PubChem 9253
ChemSpider 8896 チェック
RTECS番号 GY2390000
特性
化学式 C5H10
モル質量 70.13 g mol−1
外観 無色透明の液体
密度 0.751 g/cm3
融点

−94 °C, 179 K, -137 °F

沸点

49 °C, 322 K, 120 °F

酸解離定数 pKa ~45
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

シクロペンタン (cyclopentane) は、分子式 C5H10、分子量 70.13 のシクロアルカンである。別名、ペンタメチレン (pentamethylene) 。融点 −94 °C、沸点 49 °C。常温では無色の低沸点液体。水に不溶であるが、エタノール、アセトンなど多くの有機溶媒に可溶である。石油精製の石油エーテル留分に含まれるものを精製するか、シクロヘキサンをアルミナ触媒で高温高圧下、接触分解して製造される。

1,4-ジブロモブタンとマロン酸ジエステルとの環化反応により合成することができる。

危険性[編集]

引火性が強い危険物である。呼気から吸収されると「めまい、頭痛、吐き気、意識喪失、脱力感」の懸念がある。経口からの摂取では「腹痛、下痢、めまい、吐き気、咽頭痛」の懸念がある。[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ IPCS, CEC (1993年). “シクロペンタン”. 国際化学物質安全性カード. 国立医薬品食品衛生研究所. 2011年8月2日閲覧。