マーク・E・ケリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーク・エドワード・ケリー
宇宙飛行士
国籍 アメリカ合衆国
誕生 1964年2月21日(50歳)
ニュージャージー州オレンジ
他の職業 テストパイロット
階級 アメリカ海軍大佐
宇宙滞在期間 24日14時間12分
選抜試験 1996 NASA Group
ミッション STS-108, STS-121, STS-124, STS-134
記章 Sts-108-patch.png STS-121 patch.png STS-124 patch.svg STS-134 patch.png

マーク・エドワード・ケリー(Mark Edward Kelly、1964年2月21日 - )は、アメリカの宇宙飛行士、海軍軍人。妻は民主党所属の下院議員ガブリエル・ギフォーズ。双子の兄弟のスコット・ケリーもNASAの宇宙飛行士である。

ミッション[編集]

STS-108[編集]

2001年12月5日UTC)〜12月17日(UTC)、ミッション「STS-108」にて、マーク・ケリーは操縦手(パイロット)としてエンデバーに搭乗した。国際宇宙ステーションへの物資の搬入などが目的であった。マーク・ケリーにとっては初のミッションであったが、特にトラブル等は発生せず、無事に地球に帰還した。

STS-121[編集]

2006年7月4日(UTC)〜7月17日(UTC)、ミッション「STS-121」にて、マーク・ケリーは操縦手としてディスカバリーに搭乗した。国際宇宙ステーションに向かうトーマス・ライターの搬送や国際宇宙ステーション(ISS)への物資の補給、それに加えて実験などが行われた。

STS-124[編集]

2008年7月29日JST)、内閣総理大臣福田康夫(左から4人目)を表敬訪問するマーク・ケリー(左から3人目)らSTS-124の乗組員

2008年5月31日(UTC)〜6月14日(UTC)、ミッション「STS-124」にて、マーク・ケリーは船長としてディスカバリーに搭乗した。マークにとっては船長として参加した初のミッションとなった。

フライト中、搭乗運用技術者星出彰彦らとともに、地上の日本科学未来館との交信に臨んだ。日本科学未来館に集まった日本内閣総理大臣福田康夫文部科学大臣渡海紀三朗在日本アメリカ合衆国大使ジョン・トーマス・シーファー宇宙飛行士毛利衛らとメッセージを交わした。マークと福田は面識がなかったが、福田から「今研究されている成果が地球環境を良くする成果を生むのではないかと思って期待しています。ぜひ、実験の成功を祈っております。また、帰国されたらお目にかかりたいと思います」[1]とのコメントが伝えられた。

地球帰還後、マーク・ケリーはSTS-124の乗組員を率いて日本を訪れ、総理大臣官邸を表敬訪問した。その際、福田が乗組員らの労をねぎらうとともに、ケリーに対し「(国際宇宙ステーションとの交信以来)ようやくお目にかかれました」[2]と直接声をかけるなど、乗組員らは歓待を受けた。

STS-134[編集]

乗員写真(マーク・ケリーは下段中央)

2011年5月16日(UTC)〜5月24日(UTC)、「STS-134」ミッションにて、マーク・ケリーは船長としてエンデバーに搭乗した。マークにとってはシャトルに搭乗した最後のミッションとなった。

このSTS-134ミッションは、当初は2011年2月末に打上を予定していたため、ISSに滞在していたスコット・ケリーと宇宙で双子2人が揃うと期待されたが、その前のSTS-133の打上げ延期の影響でSTS-134の打上げが4月19日以降(その後、5月16日へ)に延期されたため、この機会はなくなった。ISSコマンダーを務めたスコットは、ソユーズTMA-01Mで2011年3月16日に帰還した。

引退[編集]

2011年6月、NASAおよび米海軍を10月1日付けで引退すると発表した。引退後は、銃撃された妻のギフォーズ下院議員に寄り添いたいと述べている他、回顧録を出版する予定だとしている。

双子を比較する宇宙滞在実験[編集]

双子のスコット・ケリーは、2015年3月からISSで初めてとなる1年間の長期滞在を行うことになった[3]。この機会を利用して、宇宙に滞在するスコットと、地上にいるマークの2人の体の変化を調べることによって、宇宙環境が人体に与える影響を詳しく調べる貴重な機会が得られることから双子を使った医学実験を行うことになった。これにより将来の月周辺での活動や、小惑星、さらには火星探査に対するリスク軽減や対応策を検討するのに役立てていく[4]


脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]