ガブリエル・ギフォーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガブリエル・ギフォーズ
Gabrielle Giffords
Gabrielle Giffords official portrait.jpg
ガブリエル・ギフォーズ(2010年3月)
生年月日 1970年6月8日(44歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国アリゾナ州ツーソン
出身校 スクリプス大学
コーネル大学
前職 実業家
所属政党 民主党
配偶者 マーク・E・ケリー
サイン Signature of Gabrielle Giffords.jpg

選挙区 アリゾナ州第8区
任期 2007年1月3日 - 2012年1月25日

アリゾナ州上院議員
選挙区 第28区
任期 2003年1月8日 - 2006年1月9日

アリゾナ州下院議員
選挙区 第13区
任期 2001年1月1日 - 2003年1月8日
テンプレートを表示

ガブリエル・ディー・ギフォーズ英語: Gabrielle Dee Giffords, 1970年6月8日 - )は、アメリカ合衆国政治家実業家

2012年1月25日まで、アリゾナ州選出の連邦下院議員(ピマ郡ピナル郡サンタクルス郡)であった。民主党指導者会議のメンバーで新民主党グループに所属していた。また、彼女は中道的だったため、ブルー・ドッグと呼ばれる穏健派グループメンバーであった。ユダヤ教改革派の信徒。

経歴[編集]

誕生から大学院修了まで[編集]

アリゾナ州ツーソンで生まれた。彼女はユダヤ教徒の父親とキリスト教徒の母親という宗教的に混交した家庭環境で育った。祖父はリトアニアからアメリカへ移住したユダヤ人であった。

ツーソンの地元高校を卒業後はスクリプス大学英語版へ進学し、社会学ラテンアメリカ史の分野で学士号(Bachelor of Arts)を取得して卒業した。その後、メキシコフルブライト奨学生として1年間過ごした。その後、1996年コーネル大学大学院で地域開発計画分野の修士号を取得した。研究は米墨関係に関するものであった。大学院修了後、ニューヨーク市のプライスウォーターハウスで地域経済開発の専門家として勤務した。

政界入り[編集]

2001年から2003年までアリゾナ州下院議員を務め、2005年まではアリゾナ州上院議員を務めた。2006年11月の中間選挙ではアリゾナ州第6区で共和党ジム・コルビーに勝利した。2007年アメリカ海軍大尉の宇宙飛行士マーク・E・ケリーと結婚。

銃撃事件[編集]

2011年1月8日にアリゾナ州ツーソンでジャレッド・リー・ロフナーによる発砲事件により、頭部を撃たれ重体となる[1][2]。犯人のロフナーがなぜ銃を乱射したのかは、本人が黙秘しているためによく分かっていないが、ロフナーは政府に不満があると発言していた。また、2010年の中間選挙でギフォーズの事務所へ頻繁に嫌がらせをしていたと言う。さらに、ロフナーは軍に志願したが認められなかったことへの憤りや、以前から犯罪歴があり、精神的な不安定からマインドコントロールナチス共産主義思想の本を愛読していたと言う)に関心を持っていたことから、ロフナーは精神的な問題を抱えていた可能性があるという。

この発砲事件に関連して、大統領選挙で元副大統領候補であった共和党サラ・ペイリンアラスカ州知事が、2010年の選挙の際に「再装弾(リロード)せよ!」とTwitterで発言したり、選挙戦対抗馬を表すターゲットマップとしてギフォーズを含む民主党候補をライフルの的でFacebookに表現していた(その後、ギフォーズは事務所のガラスを割られたり、脅迫を受けるようになった)ことが、この事件に繋がったのではないかと議論されている[3]。ペイリンは、事件後直ちに「再装弾せよ!」ツイート、標的マップを削除している[4]

ギフォーズは銃規制反対派であり、ワシントンD.C.の銃規制法令にも反対していた。個人でグロック社製の銃も所持している。しかし、ギフォーズは全米ライフル協会(NRA)から「D+」の評価があり、米国銃所有者協会(GOA)からは「D-」の評価だった(アリゾナ州は、全米でもアラスカ州、バージニア州などと並んで銃規制が最も弱い州のひとつである)。

なお、ギフォーズは銃容認などが一部の左派からも批判対象となっており、特に同党のナンシー・ペロシ議長との対立後はそれが顕著だった。ペイリンを銃撃事件の扇動者として批判していた左派有名サイト「デイリー・コス」も、ペイリンと同様の「標的マップ」を2008年の選挙で掲載、しかも、左派の立場からギフォーズを「標的」としていたことが後に分かり議論を呼んだ[5]

事件後初登院するギフォーズ

6月16日、銃撃の傷が癒えたため、リハビリ先の病院を退院した。今後はテキサス州の自宅で24時間看護を受けながら通院治療に専念するとしている。8月1日、米債務上限引き上げ法案の採決を行うため、事件後初めて下院本会議に出席した。議場では民主・共和党の議員らから復帰を祝福され、彼女も同僚議員の肩を抱くなどして感謝の意を示した。なお、採決では賛成票を投じた[6]。2012年1月25日、回復を最優先してリハビリに専念するため、下院議員を辞職した[7]

頭部負傷から復帰を果たしたギフォーズの不屈の闘志と「苦難を克服して勝利する資質」を称えて、アメリカ合衆国海軍は2012年2月10日、新造のインディペンデンス級沿海域戦闘艦に『ガブリエル・ギフォーズ英語版』と命名することを、レイ・メイバス英語版海軍長官の名で発表した[8]

ギフォーズを銃撃し、6人を射殺したロフナーは、司法取引を経て、2012年11月8日ニューヨーク連邦地裁終身刑を言い渡された[9]

かねてより銃規制反対派であったが、事件後は銃規制について理解、共感を示すようになり公聴会にて「あまりにも多くの子供たちが犠牲になっている。議会の行動を望む」と発言している[10]

政策[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

議会
先代:
ジム・コルビー
アリゾナ州選出下院議員
アリゾナ州第8選挙区

2007年 - 現在
次代:
現職
儀礼席次
先代:
キース・エリソン
D-ミネソタ州
アメリカ合衆国下院議員序列
276位
次代:
ディーン・ヘラー
R-ネバダ州