マミヤイロチョウ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マミヤイロチョウ科
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : タイランチョウ亜目 Tylanni
: マミヤイロチョウ科 Philepittidae
属、種

マミヤイロチョウ科(-か、Philepittidae)は、動物界脊索動物門鳥綱スズメ目に属する科。

分布[編集]

マダガスカル固有科

形態[編集]

全長10-15cm。尾羽は短い。

ニセタイヨウチョウ属は下方へ向かう細長い嘴や筒状の舌などが同所にも分布するタイヨウチョウ科に類似するが、これは花の蜜や花粉を食べる方向へ進化する事で獲得した形態(収斂)だと考えられている。

分類[編集]

ニセタイチョウチョウ属は以前はタイヨウチョウ科に含まれていたが、内部形態などから本科に含む説が有力。

ニセタイヨウチョウ属 Neodrepanis

マミヤイロチョウ属 Philepitta

生態[編集]

熱帯雨林に生息する。

食性は主に植物食で、果実、花の蜜、花粉、昆虫などを食べる。

人間との関係[編集]

開発による生息地の破壊などにより生息数が減少している種もいる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ8 太平洋、インド洋』、講談社、2001年、211頁。
  • 黒田長久監修 C.M.ペリンズ、A.L.A.ミドルトン編 『動物大百科9 鳥III』、平凡社1986年、30-31頁。
  • 『小学館の図鑑NEO 鳥』、小学館2002年、133頁。
執筆の途中です この項目「マミヤイロチョウ科」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類