マトリックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マトリクスから転送)
移動: 案内検索

マトリックス(あるいはマトリクス)とは、元来「生み出すもの」を意味する言葉である。この言葉が指す具体的な事象・事物について、以下に述べる。

意味[編集]

本来は「子宮」を意味するラテン語(< Mater母+ix)に由来する英語Matrix音写で、そこから何かを生み出すものを意味する。この「生み出す機能」に着目して命名されることが多い。また、子宮状の形状・状態に着目して命名される場合もある。

日本語にあえて翻訳する場合は「基盤」「基質」などの訳語が当てられることがあるが、原語で強く感じられる「生み出す機能」や「形状」が伝わりにくく、必ずしも評判が良くない。例えば「母体」あるいは「子宮体」ならばニュアンスも伝わるのだろうが、このような訳語はほとんど採用されていない。結局、カタカナで表記されることが多い。[要出典]

生物学や医学では「間質」という言葉も使われている。例:細胞間質

材料学では「母材」、鉱物学では「母岩」という訳語も使われている。例:複合材料の母材

用例[編集]

具体的な用例としては次のようなものがある。その他、派生する用例についてはマトリックス (曖昧さ回避)を参照のこと。

自然科学
電子工学
  • 多重チャネルの入力信号を混合した信号を記録や転送をして、混合された記録や転送の信号より「分離して元通りの多重チャネル信号を再生する。」(例えばFMステレオ方式4チャンネルステレオなどに用いられる。)
フィクション
オーディオ
具体的な例としてはマトリックス5.1ch。マスターが2chステレオのサウンドをDolby Pro LogicIIというマトリックスデコード技術を用いて擬似的・仮想的な5.1chサラウンドへ拡張することでマトリックス5.1chのサウンドが出来上がる。このように元(すなわちマスター)が5.1chでないサウンドを擬似的に5.1ch化させたサウンドをマトリックス5.1chと称する事がある。対義的なものとしては元から5.1chのサウンドであるディスクリート5.1chが挙げられる。(例:ドルビーデジタル5.1chやDTS5.1ch、LPCM5.1chなど)

マトリックスまたはマトリクスを使った熟語[編集]

関連項目[編集]