マトリックス分離法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マトリックス分離法(マトリックスぶんりほう)は、ラジカルイオンなど不安定で反応性の高い化学種を低温で反応性の低い固体(マトリックス)のなかに埋め込み、単離して分析する方法である。マトリックスにはアルゴンなどの希ガスパラ水素分子、窒素分子などが用いられる。分析方法としては分光法が主に用いられる。たとえば、F3 といったとても不安定なイオンもマトリックスの中に埋め込み分光分析できる[1]

参考文献[編集]

  1. ^ Ault, B. S.; Andrews, L. "Matrix reactions of alkali metal fluoride molecules with fluorine. Infrared and Raman spectra of the trifluoride ion in the M+F3- species". J. Am. Chem. Soc. 1976, 98, 1591–1593. DOI: 10.1021/ja00422a058

関連項目[編集]