マダガスカルヘビワシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マダガスカルヘビワシ
マダガスカルヘビワシ
マダガスカルヘビワシ Eutriorchis astur
保全状況評価[a 1][a 2]
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svgワシントン条約附属書II
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: タカ目 Falconiformes
: タカ科 Accipitridae
: マダガスカルヘビワシ属 Eutriorchis
: マダガスカルヘビワシ E. astur
学名
Eutriorchis astur (Sharpe, 1875)
和名
マダガスカルヘビワシ
英名
Madagascar serpent-eagle

マダガスカルヘビワシEutriorchis astur)は、鳥綱タカ目タカ科マダガスカルヘビワシ属に分類される鳥類。本種のみでマダガスカルヘビワシ属を構成する。

分布[編集]

マダガスカル北東部[1]固有種

形態[編集]

全長66センチメートル[1]。上面の毛衣は濃褐色で、体下面は白く黒褐色の縞模様が密に入る[1]。尾羽は長い[1]。色彩は灰黒色で、数本の黒い帯模様が入る[1]

虹彩は黄色[1]。嘴は黒い[1]。後肢は短く、色彩は黄色[1]

幼鳥は頭部や背、肩の羽毛の外縁(羽縁)が淡色[1]

生態[編集]

原生林に生息する[1]

食性は動物食で、爬虫類を食べる(胃の内容物からカメレオンが発見された例もある)[1]

人間との関係[編集]

1930年以降は確実な記録がなく絶滅したと考えられていたが、1988年に2羽が再発見された[1]世界自然保護基金ハヤブサ基金による本種の現状や詳細に関して調査を行うなどの保護計画が進められている[1]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 小原秀雄、浦本昌紀、太田英利、松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ8 太平洋、インド洋』、講談社2001年、186頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ CITES homepage
  2. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • BirdLife International 2008. Eutriorchis astur. In: IUCN 2011. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.2.
執筆の途中です この項目「マダガスカルヘビワシ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類