ペピーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペピーノ
Solanum muricatum Flower and Fruit.jpg
花と未熟果
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ナス目 Solanales
: ナス科 Solanaceae
: ナス属 Solanum
: ペピーノ S. muricatum
学名
Solanum muricatum Aiton
シノニム

Solanum guatamalense Hort.

和名
ペピーノ
英名
pepino

ペピーノSolanum muricatum Ait.、syn. S. guatamalense Hort.)は、ナス目ナス科ナス属の多年生の植物。果実は多汁で甘く芳香があり、生でスライスして食用とする。原産地は南アメリカで、古代からアンデス山脈一帯の地域で栽培されている。チリニュージーランドで品種改良がおこなわれた。

語源[編集]

原産地エクアドルの公用語であるスペイン語ではペピーノのことをペピーノ・ドゥルセpepino dulce)といい、「ペピーノ」は「キュウリ」、「ドゥルセ」は「甘い」という意味である。また、英語では、melon pear, pear melon, melonshrub, sweet cucumberとも呼ばれる。いずれも、ペピーノの味や香りがキュウリやメロンナシに似ていることから名づけられた。

形態[編集]

草姿は叢生が主であり、茎は木化し、小潅木となる。葉は楕円形で互生する。花は房状に10花程度をつけ、そのうち1-3が結実する。

果実は漿果(液果)で、色はクリーム色で紫色の縦じまが入る品種が多い。 品種にもよるが、紫のしまが増えほぼ紫一色になったころが食べごろである。

栽培[編集]

種子の発芽率が悪いことや、品種が固定されておらず種子繁殖による後代は形質が多様化することから、挿し木で増殖する。生育適温はアンデスの高地のような日中20-25℃、夜間8-15℃で、30℃以上の高温には弱い。低温には比較的強く、気温が零下にならなければ越冬できるが、霜には弱い。多年生の植物ではあるが霜や病害虫に弱いため、栽培上では一年生作物として栽培される。温室で栽培されることも多い。

画像[編集]

参考文献[編集]

  • 坂田好輝、野菜園芸大百科第2版 特産野菜70種、p.305-309、農文協、2004
  • Nogatonga et al. 英語版ウィキペディア 23:15, 3 November 2006版