ベニタイランチョウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベニタイランチョウ
ベニタイランチョウ
ベニタイランチョウ(雄)Pyrocephalus rubinus
ハリスコ州メキシコ
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: タイランチョウ科 Tyrannidae
: ベニタイランチョウ属 Pyrocephalus (Gould, 1839)
: ベニタイランチョウ P. rubinus
学名
Pyrocephalus rubinus
(Boddaert, 1783)
英名
Vermillion Flycatcher

ベニタイランチョウ (Pyrocephalus rubinus) は、スズメ目の小形の鳥であり、ベニタイランチョウ属 (Pyrocephalus) 唯一の種である。

分布[編集]

アメリカ南西部中央アメリカ南アメリカ北中部からアルゼンチン中部まで見られる。またガラパゴス諸島にも生息する。

形態[編集]

全長は約15cmで[1]、雌雄異色。雄は鮮やかな赤色で、翼羽は暗褐色。雌は淡色の腹に、上面は濃灰色であり、チャイロツキヒメハエトリ (Sayornis saya) に少し似る。

生態[編集]

巣にいる雌

タイランチョウ科の鳥は、主にハエバッタ甲虫などの昆虫を食べる。通常、止まり木から瞬発的に追いかけて飛翔し、空中で昆虫を捕らえる。[2]

巣は、小枝や茎、体毛などで作られ、2-3個の白っぽい卵を産む。雌によって卵は約2週間で孵り、孵化後15日で幼鳥として巣立つ準備ができる。

脚注[編集]

  1. ^ 三省堂編修所・吉井正 『三省堂 世界鳥名事典』、三省堂、2005年、444頁。
  2. ^ de A. Gabriel & Pizo (2005)

参考文献[編集]

  • BirdLife International (2004). Pyrocephalus rubinus. 2006. IUCN Red List of Threatened Species. IUCN 2006. www.iucnredlist.org. Retrieved on 12 May 2006. Database entry includes justification for why this species is of least concern
  • de A. Gabriel, Vagner & Pizo, Marco A. (2005): Foraging behavior of tyrant flycatchers (Aves, Tyrannidae) in Brazil. Revista Brasileira de Zoologia 22(4): 1072–1077. doi:10.1590/S0101-81752005000400036 PDF fulltext
  • Wildlife Fact File (WFF) (1996): Vermilion Flycatcher. Group 2 (Birds).

外部リンク[編集]