ヘルマン・フォン・フェーリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘルマン・フォン・フェーリング
人物情報
生誕 1812年6月9日
ライン同盟 リューベック
死没 1885年7月1日(満73歳没)
ドイツの旗 ドイツ帝国シュトゥットガルト
国籍 ドイツ
出身校 ハイデルベルク大学
学問
研究分野 化学
主な業績 フェーリング液の研究
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示


ヘルマン・フォン・フェーリング(Hermann von Fehling、1812年6月9日-1885年7月1日)は、の定量試薬であるフェーリング液の開発で有名なドイツ化学者である。

伝記[編集]

彼はリューベックに生まれ、薬学に興味を持って、1835年頃にハイデルベルク大学に入学した。卒業後、彼はギーセンに行き、パラアルデヒドメタアルデヒドの組成を解明したユストゥス・フォン・リービッヒに師事した。1839年、彼はリービッヒの勧めを受け、彼はシュトゥットガルトの技術専門学校に就職し、そこで45年以上働くこととなった。彼はシュトゥットガルトで1885年に死去した。

初期の研究には、コハク酸の研究やベンゾニトリルの生成等がある。晩年には、純粋化学よりも工学や公衆衛生学に時間を費やすようになった。

彼が開発した分析手法で最も有名なものは、硫酸銅(II)アルカリ酒石酸ナトリウムカリウムと混合したフェーリング液を用いた糖の定量である。

出典[編集]