プレーテープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プレーテープ(PlayTape)とは、アメリカで1960年代に開発された音楽用小型エンドレスカートリッジ及び再生機器である。

概要[編集]

コンパクトカセットよりやや小さめのケースに1/8インチ幅2トラック構成の音声用テープを収納しており、再生装置はポータブル型が大半を占める。日本では70年頃より東芝からラジオ付きの再生機を発売、国内オリジナルの音楽ソフトも提供された。しかし多くのカートリッジは4曲しか収録しておらず、4トラック8トラックカートリッジに到底太刀打ちできるものではなかった。他社の参入もなく数年と経たずに市場から駆逐されてしまったため、4トラックカートリッジ以上に日本国内の知名度は低い。

補足[編集]

パイオニアが70年代初頭に開発したハイパックは、プレーテープと同じカートリッジを使用しているがテープ幅・トラック数が異なり互換性はない。