プリンス・アルバート (サスカチュワン州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プリンス・アルバート
Prince Albert
Princealbert downtown.JPG
(写真:プリンス・アルバート市街)
愛称"Gateway to the North, Hockey Town North"
サスカチュワン州内の位置
サスカチュワン州内の位置
座標:北緯52度07分 西経106度37分
基礎データ
Flag of Canada.svg カナダ
Flag of Saskatchewan.svg サスカチュワン州
行政区 第15区分
都市名 プリンス・アルバート
英語名 City of Prince Albert
創設日 1885年
面積 65.68 km²
標高 海抜 440 m
人口 2006年
 - 市域 34,138 人
 - 人口密度 512 人/km²
時間帯 中部標準時(CST)、UTC-6
夏時間 なし
公式サイト

プリンス・アルバート英語Prince Albert)は、カナダサスカチュワン州の都市。州中央部のサスカチュワン川沿いに位置する。サスカトゥーン、州都レジャイナに次ぐ州内第3の都市である。名前はイギリスヴィクトリア女王の夫アルバート公にちなむ。

プリンス・アルバートは州北部へ向かう際の最後の人口密集地であるため、「北へのゲートウェイ」として知られる。

歴史[編集]

従来この町はクリー族によって「キスタピナニク」(kistahpinanihk、きれいなところ、人の集まるところ)と名付けられていた。1692年に最初の白人ヘンリー・ケルシーが来訪し、その後交易所が創設された。1862年にハドソン湾会社の英系メティ社員ジェームズ・イスビスターが現在の市街地に入植して農耕を行ない、次いで他の入植者たちも増えた。

1866年にカナダ長老派教会が、教会を中心としたコミュニティーを現在の市街地中央部に建設した。また町の西部に出来たポーター・タウンと合わせ、現在のプリンス・アルバートとなった。

地理[編集]

プリンス・アルバートはノース・サスカチュワン川岸にあり、南部は肥沃で農耕に適した土地で、その北にはタイガが広がる。

経済[編集]

プリンス・アルバートは州北部へのゲートウェイとして発展した。但しカナダ太平洋鉄道が敷設した大陸横断鉄道はもっと南側のルートを通ったため、町の発展は止まったとされ、1927年には市は破産寸前となった。

1945年にプリンス・アルバート国立公園が設立され、観光部門が再び市の経済に活況をもたらした。その後は農業、林業、観光、鉱業及びその他のサービス産業を中心に発展した。

交通[編集]

空港[編集]

公共交通[編集]

  • プリンス・アルバート交通局(Prince Albert Transit):市バスを運行
  • サスカチュワン交通公社(Saskatchewan Transportation Company):都市間バスを運行

教育[編集]

文化[編集]

  • プリンス・アルバート美術館(Art Gallery of Prince Albert)
  • プリンス・アルバート歴史博物館(Prince Albert Historical Museum)

観光[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]