ブリスラヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブリスラヴブリスラフ[1]ブーリスラヴ[2]ブーリズラヴ[3]とも。Burislav, Burisleif, Burysław。1008年没)は、北欧サガに見られるヴェンド人の神話的な王の名前で、『オーラヴ・トリュッグヴァソン王のサガ』によれば、彼はヴェンドランド一帯を支配していたと伝えられている。彼はグンヒルド(Gunhild)、アーストリーズ(アストリーズとも。Astrid)そしてゲイラ(Geira)の父であった[4]。おそらくポーランド統一者ミェシュコ1世、その息子で初代ポーランド国王ボレスワフ1世、そして西ポメラニア公ボギスワフ1世の3人を混同したもの[5]。史実においては、グンヒルドはミェシュコ1世の娘、すなわちボレスワフ1世の妹である。

『オーラヴ・トリュッグヴァソン王のサガ』によれば、娘のグンヒルドはデンマークスヴェン双叉髭王の、アーストリーズはヨムスヴァイキングの首領シグヴァルディ[6]、ゲイラはノルウェーオーラブ・トリグヴァソンの妻となった[4]。またブリスラヴはスヴェン双叉髭王の姉妹であるチューリ英語版と結婚したが、チューリは彼の元を去り、ゲイラを亡くした後のオーラヴ王と再婚した[7]。なお『クニートリンガ・サガ英語版』によれば、スヴェンとグンヒルドの間に生まれたのがクヌーズである。

ヨムスヴァイキングのサガ英語版』によれば、ヨムスヴァイキングの居住地であるヨムスブルグ英語版は、ブリスラヴが自国をヴァイキングから守るため、デンマークのフュン島の首領であったトキの孫、パルナトキ英語版に造らせたものだという[8]。シグヴァルディが王の娘と結婚したのはヨムスヴァイキングの力を強めるためであった[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『サガとエッダの世界』で確認した表記。
  2. ^ 『ヘイムスクリングラ(二)』64頁で確認した表記。
  3. ^ 『ヘイムスクリングラ(二)』143頁で確認した表記。
  4. ^ a b 『ヘイムスクリングラ(二)』42-43頁。(「オーラヴ・トリュッグヴァソン王のサガ」第二十二章「オーラヴ・トリュッグヴァソンの結婚」)
  5. ^ Jerzy Strzelczyk: Mity, podania i wierzenia dawnych Słowian. Poznań: Rebis, 2007. ISBN 978-83-7301-973-7.
  6. ^ 『ヘイムスクリングラ(二)』64頁。(「オーラヴ・トリュッグヴァソン王のサガ」第三十四章「ハラルド・ゴルムスソンの死」)
  7. ^ 『ヘイムスクリングラ(二)』143-145頁。(「オーラヴ・トリュッグヴァソン王のサガ」第九十二章「ブーリズラヴ王の結婚」)
  8. ^ 『サガとエッダの世界』200-201頁。
  9. ^ 『サガとエッダの世界』202頁。

参考文献[編集]