オーラヴ・トリュッグヴァソン王のサガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1899年に刊行された『ヘイムスクリングラ』の挿絵より。ノルウェーの画家イェールハルド・ムンテによる。(1896年頃)

オーラヴ・トリュッグヴァソン王のサガ[1](オーラヴ・トリュッグヴァソンおうのサガ。古ノルド語: Óláfs saga Tryggvasonar英語: Saga of Óláfr Tryggvason)は、何編かの異なる王のサガ(en)を指す。

  • 『オーラヴ・トリュッグヴァソン王のサガ』[1](Óláfs saga Tryggvasonar)
オッド・スノッラソン[1]Oddr Snorrason)著。
  • 『オーラヴ・トリュッグヴァソン王のサガ』(Óláfs saga Tryggvasonar
グンラウグル・レイフスソン著。
  • 『オーラヴ・トリュッグヴァソン王のサガ』[1]
スノッリ・ストゥルルソン著。『ヘイムスクリングラ』に収録。
Mesta」 あるいは 「Greatest Saga of Óláfr Tryggvason」という題名でも知られている。
  • 『オーラヴ・トリュッグヴァソン王のサガ』
フラート島本』に収録されている「Óláfs saga Tryggvasonar」。「Mesta」の一バージョン。


なお、ヘンリー・ワーズワース・ロングフェローの『路傍の宿屋の話』(Tales of a Wayside Inn)には、『The Saga of King Olaf』と呼ばれる詩歌群がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『オージンのいる風景 オージン教とエッダ』(ヘルマン・パウルソン英語版著、大塚光子他訳、東海大学出版会、1995年、ISBN 978-4-486-01318-1)251、252頁で確認した日本語表記。

関連項目[編集]