オーラヴ・トリュグヴァッソンの最大のサガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オーラヴ・トリュグヴァッソンの最大のサガ』(オーラヴ・トリュグヴァッソンのさいだいのサガ)または『オーラーヴ・トリュッグヴァソン王の大サガ[1](古ノルド語: Óláfs saga Tryggvasonar en mesta英語: The Greatest Saga of Óláfr Tryggvason)は、オーラヴ・トリュグヴァッソン王の伝記の増補されたものの1つである。

1300年ごろに書かれたこの作品は、基礎としてスノッリ・ストゥルルソンの『ヘイムスクリングラ』にある『オーラヴ・トリュグヴァッソンのサガ』を利用しているが、直接に関連のない文献だけでなくオッド・スノッラソン英語版Gunnlaugr Leifssonによる過去の王の伝記に拠る内容によって、大いに物語を拡張している。

サガは、2つのグループに分けられるいくつかの写本に保存されている。1つ目のグループは、写本『AM 53 fol.』、『AM 54 fol.』、『AM 61 fol.』、『Bergsbók』と『Húsafellsbók』に残された初期の版である。2つ目のグループは、写本『AM 62 fol.』、『フラート島本』に残されたより新しい版である。

サガは数多くのサットルや短いサガを取り入れている。それらのいくつかは他のどの文献にも保存されていない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『サガの社会史 中世アイスランドの自由国家』(J.L.バイヨック著、柴田忠作、井上智之訳、東海大学出版会、1991年)280頁で確認した日本語表記。

参考文献[編集]

※日本語訳にあたり直接参照していない。

外部リンク[編集]