ブラフ・シューペリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブラフ・シューペリアBrough Superior motorcycles)はかつてイギリスに存在したオートバイメーカー。日本では表記のぶれが激しく、ブラフ・シュペーリア、ブラウ・シューペリア、ブラウ・シュペーリア、ブロウスペリアなどとも。単にブラフと呼ばれる場合も多い。

SS100(1925年)

1919年、ジョージ・ブラフ(George Brough1890年4月21日 - 1970年1月12日)がやはりオートバイ製造を行っていた父親ウィリアム・E・ブラフ(William E. Brough )の会社から独立する形で興した。

顧客の要望に合わせたカスタムメイドを行い、その性能の高さと品質から「オートバイのロールスロイス」とも例えられたが、1940年を最後にオートバイ生産から撤退した。その後は自社マシンのレストアで事業を継続し、第二次大戦中はロールス・ロイスの製造した航空機エンジンのパーツ生産を行うなどもしていたが、戦後イギリスの経済復興が遅れた事もあって、50年代半ばに会社を閉鎖した。21年間で19モデル・3048台を製造。

60年以上を経た現在でも熱心なファンが存在し、Brough Superior Club というユーザーによる組織が存在する。

速度記録[編集]

1924年、Herbert Le Vack がオートバイ単独とサイドカー付きでの世界速度記録(118.93マイル/99.8マイル)を樹立。 1937年には Eric C. Fernihough が単独とサイドカー付きでの世界記録(169.8マイル/137マイル)を樹立するなどした。

自動車の生産[編集]

1936年から1939年にかけては Brough Superior Automobiles のブランドで自動車のアセンブリ生産も行っていた。生産台数は85台。

トリビア[編集]

ロレンスとブラフ
  • キノの旅』で主人公の相棒として登場する二輪車の「エルメス」は、ブラフ・シューペリア SS100がモデルになっている[1]。アニメ版では実車の動作音が使われた。
  • トーマス・エドワード・ロレンスは、「ジョージ」とニックネームをつけたブラフを7台乗り継ぎ、8台目の納車を目前に控えていたがブラフを運転中の事故で意識不明となり死去した。
  • 機甲創世記モスピーダ」では、イエローの操るライドアーマーに発音の異なる「ブロウスーペリア」の名が与えられている。
  • ああっ女神さまっ」では、主人公の祖父の愛車として登場、修理するシーンがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 時雨沢恵一(作者)によるツイート https://twitter.com/#!/sigsawa/status/182387556250419200

外部リンク[編集]