フレディ・ノーウッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フレディ・ノーウッド
基本情報
通称 リル・ハグラー
階級 フライ級
身長 169cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1970年2月14日(44歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミズーリ州セントルイス
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 47
勝ち 43
KO勝ち 23
敗け 3
引き分け 1
テンプレートを表示

フレディ・ノーウッドFreddie Norwood1970年2月14日 - )は、アメリカ合衆国プロボクサーミズーリ州セントルイス出身。あだ名はリル・ハグラー(Lil Hagler)。元WBA世界フェザー級王者。

来歴[編集]

1989年8月20日、プロデビュー(2回TKO勝ち)。

1997年8月8日、29戦目でIBAコンチネンタルフェザー級王座獲得。

1998年4月3日、世界初挑戦。元WBA世界ジュニアフェザー級(現:スーパーバンタム級)王者アントニオ・セルメニョベネズエラ)と空位のWBA世界フェザー級王座を争い、12回判定勝ち。31戦目にして初の世界王者となった。

1998年9月22日、日本のリングに初登場。東京松本好二と対戦し、10回TKO勝ち(この試合は当初、3度目の防衛戦となる予定であったが、ノーウッドが試合前日の計量をパスできず失格、王座剥奪となった。そのため、王座空位の状態で試合を行い、松本が勝った場合に限り新王者誕生というルールが採用された)。

1999年5月28日、世界再挑戦。前年10月にノーウッドが剥奪されたWBA世界フェザー級王座を獲得したセルメニョと再戦し、12回判定勝ち。8か月ぶりの王座返り咲きを果たした。2000年1月30日の2度目の防衛戦で日本のリングに再登場。福岡越本隆志と対戦し、9回TKO勝ち。その後、3度目の防衛にも成功。

2000年9月9日、同国人のデリック・ゲイナーと対戦。激しいラフファイトの末、11回TKO負け。この試合は当初、4度目の防衛戦となる予定であったが、ノーウッドが試合前日の計量をパスできず失格、王座剥奪となった(前述の松本戦に続き2度目)。試合の方もゲイナーが勝利し、新王者誕生となった。この試合を最後に一度引退

2006年6月17日、6年ぶりのリング復帰。復帰後は2009年末まで7試合を行い、5勝2敗。

戦績[編集]

  • 47戦 43勝 23KO 3敗 1分

獲得タイトル[編集]

  • 第63代WBA世界フェザー級王座(防衛3度)
  • 第65代WBA世界フェザー級王座(防衛3度)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
ウィルフレド・バスケス
第63代WBA世界フェザー級王者

1998年4月3日 - 1998年(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
アントニオ・セルメニョ
前王者
アントニオ・セルメニョ
第65代WBA世界フェザー級王者

1999年5月30日 - 2000年(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
デリック・ゲイナー