フランツ・クサーヴァー・モーツァルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランツ・クサーヴァー・モーツァルト
Franz Xaver Mozart
1825年頃
基本情報
出生 1791年7月26日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国ウィーン
死没 1844年7月29日(満53歳没)
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国カールスバート
ジャンル 古典派
職業 作曲家ピアニスト

フランツ・クサーヴァー・ヴォルフガング・モーツァルトFranz Xaver Wolfgang Mozart, 1791年7月26日 - 1844年7月29日)は、オーストリア作曲家ピアニストヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの末子で四男[1]

生涯[編集]

コンスタンツェの意向もあり、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト2世として活動した。しかし、生まれた4ヶ月後に父親が他界したため、父から直接、卓越した音楽教育などを受けた事実はない。アントニオ・サリエリヨハン・ネポムク・フンメルに師事(その他、ゲオルク・ヨーゼフ・フォーグラーヨハン・ゲオルク・アルブレヒツベルガーにも師事したとされる)。

2曲のピアノ協奏曲の他にピアノ・ソナタポロネーズロンド変奏曲などの作品がある。1820年代に刊行された《ディアベリの主題による50の変奏曲》には、フランツ・リストなどとともに名を連ねている。

作品は洗練され、繊細であるが、ウェーバーシューベルトと同世代にもかかわらず、作風はウィーン古典派の域を出ない。1820年頃からは作曲をほとんどやめて演奏活動に専念した。1844年カールスバート胃癌のため亡くなり、同地に埋葬された。53歳没。

生涯独身で、兄カールと同じく子供をもうけなかったため、大作曲家の血筋は途絶え、母コンスタンツェの血筋もこの兄弟の代で途絶えた。

憶測[編集]

本名フランツ・クサーヴァーは、「モーツァルトの弟子」とされるジュースマイヤーの名を貰い受けている。ここからヴォルフガング2世は、本当はジュースマイヤーとコンスタンツェの不義の子だったのではないかと、後に憶測されることとなった。

誤認[編集]

1820年に出版した「メユールの歌劇『ジョゼフ』のロマンスによる5つの変奏曲」作品23は、1994年までリストの少年時代の作だと誤認されていた。

主な作品[編集]

  • ピアノ四重奏曲 ト短調 作品1
  • ヴァイオリン・ソナタ ロ長調 作品7
  • ピアノ協奏曲 ハ長調 作品14
  • ヴァイオリン・ソナタ ヘ長調 作品15
  • チェロ・ソナタ ホ長調 作品19
  • ピアノ協奏曲 変ホ長調 作品25

脚注[編集]

  1. ^ 両親の間には4男2女が生まれたが、そのうち成人したのは次男カール・トーマスと四男フランツ・クサーヴァーだけで、残りの4人は乳幼児のうちに死亡している。

外部リンク[編集]