フランシス・オーランド・ウィルコックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランシス・オーランド・ウィルコックスFrancis Orlando Wilcox, 1908年4月9日 - 1985年2月20日)は、アメリカ合衆国官僚

生涯[編集]

1908年にアイオワ州コロンバス・ジャンクションにて誕生。アイオワ大学で学び、1930年で学士号を取得、1931年に修士号を取得、1933年に博士号を取得。1935年にジュネーヴ大学で政治学の博士号を取得。1935年から1941年にかけてアイオワ大学ルイヴィル大学シカゴ大学ミシガン大学で政治学の教鞭を執った。

1942年に国務省に入省。1947年から1951年まで連邦上院外交委員会の初代首席事務官。在任中は北大西洋条約機構の創設やマーシャル・プランに関するアメリカの関与について、委員会として監督を行った。1955年、ドワイト・アイゼンハワー大統領はウィルコックスを国務次官補(国際機関担当)に指名。連邦上院の承認を経て1955年7月28日から1961年1月20日まで在任。主に国際連合におけるアメリカの関与について責任を負った。

1961年に政府を離れ、ジョンズ・ホプキンス高等国際問題研究院で学部長に就任。1973年に同名誉教授。1985年に心臓発作により死去。

出典[編集]

公職
先代:
デイヴィッド・マッケンドリー・キー
アメリカ合衆国国務次官補(国際機関担当)
1955年7月28日 - 1961年1月20日
次代:
ハーラン・クリーヴランド