フランコ・アルファーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランコ・アルファーノ(1919年頃)

フランコ・アルファーノ(Franco Alfano, 1875年3月8日 - 1954年10月27日)はイタリアオペラ作曲家

ナポリ近郊のポジリポ (Posillipo) で生まれ、ナポリの音楽学校で専門教育を受けた後、1895年よりライプツィヒ音楽院に留学し、ザーロモン・ヤーダスゾーンに作曲を師事。翌年からベルリンなどでピアニストとして活動を開始するかたわら、オペラの作曲にも着手するが、不運続きであった。1899年からパリに進出し、バレエ団「フォリ・ベルジェール」のために2つのバレエ曲を書いて好評を呼ぶ。また、同時期にロシアにピアニストとして演奏旅行に向かい、この間、レフ・トルストイ原作のオペラ『復活』を構想する。1904年に『復活』のトリノ初演でオペラ作曲家としてはじめて成功。以降、終の棲家をサン・レモに構えた。

ジャコモ・プッチーニと親しかったことから、その未完の歌劇『トゥーランドット』を補作し、完成させた。交響曲や室内楽やピアノ曲などの作品も残している。

ボローニャ音楽院作曲科教授(1916年 - 1922年)および院長(1918年 - 1922年)、トリノ音楽院院長(1923年 - 1939年)、ペーザロ音楽院院長(1946年 - 1950年)を歴任。サン・レモにて没。

作品[編集]

オペラ[編集]

バレエ[編集]