フラネオール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フラネオール
Furaneol[1]
識別情報
略称 DMHF
CAS登録番号 3658-77-3 チェック
PubChem 19309
ChemSpider 18218 チェック
UNII 20PI8YZP7A チェック
特性
化学式 C6H8O3
モル質量 128.13 g/mol
匂い イチゴの香り
融点

73-77 ℃

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

フラネオール: Furaneol)は、化学式C6H8O3で表される有機化合物。フラネオールの名称は、フィルメニッヒ社の商標である[2]ストロベリーフラノンの別名を持ち、天然にはイチゴ[3]パイナップル[4]に含まれ、ソバ[5]トマト[6]の香り成分としても重要である。産業的には、イチゴなどの香りの食品用香料[2]香水原料として使用される[7]

脚注[編集]

  1. ^ 4-Hydroxy-2,5-dimethyl-3(2H)-furanone シグマアルドリッチ
  2. ^ a b 持続性粉末香料-特開2001-152178(J-TOKKYO)
  3. ^ Ulrich, D. et al. 1995. Analysis of strawberry flavour - Quantification of the volatile components of varieties of cultivated and wild strawberries. Z. Lebensm. UNters. Forsch. 200:217-220
  4. ^ Tokitomo Y, Steinhaus M, Büttner A, Schieberle P (2005). “Odor-active constituents in fresh pineapple (Ananas comosus [L.] Merr.) by quantitative and sensory evaluation”. Biosci. Biotechnol. Biochem. 69 (7): 1323–30. doi:10.1271/bbb.69.1323. PMID 16041138. 
  5. ^ Janes D, Kantar D, Kreft S, Prosen H (2008). “Identification of buckwheat (Fagopyrum esculentum Moench) aroma compounds with GC-MS”. Food Chemistry 112: 120. doi:10.1016/j.foodchem.2008.05.048. 
  6. ^ Buttery, R.G. et al. 2001. Analysis of furaneol in tomato using dynamic headspace sampling with sodium sulfate. J. Agric. Food Chem. 49:4349-4351
  7. ^ Strawberry furanone at thegoodscentscompany.com