フェリペ・ペドレル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェリペ・ペドレル
Felip Pedrel
}
基本情報
出生 1841年2月19日
スペインの旗 スペイントゥルトーザ
死没 1922年8月19日(満81歳没)
スペインの旗 スペインバルセロナ
職業 作曲家音楽学者音楽理論家

フェリーペ・ペドレルFelipe Pedrell, 1841年2月19日 トゥルトーザ - 1922年8月19日 バルセロナ)は、カタルーニャ出身のスペイン作曲家音楽学者音楽理論家カタルーニャ語の本名は、フェリプ・ペドレイ・イ・サバテーFelip Pedrell i Sabaté)。

人物[編集]

音楽教師として名高く、イサーク・アルベニスを啓発し、エンリケ・グラナドスマヌエル・デ・ファリャといったスペイン人作曲家を育て上げたことから、「スペイン国民楽派の父」とも呼ばれる。そのほかの重要な門人にロベルト・ジェラールがいる。

ローマ留学中に、同地の古文書館に集成されたスペイン音楽の偉大な伝統を知るようになる。ペドレルの関心は、軽い声楽曲においても、また歴史的な芸術音楽の形成においても、スペインの国民様式を確立することであった。ペドレルの音楽学研究の精華は、トマス・ルイス・デ・ビクトリア作品全集(opera omnia)の刊行(1902年1913年)である。

1873年にバルセロナ円形劇場(バルセロナ歌劇場)の監督に就任。1894年に高校教諭としてマドリッドに赴任。この頃はアンドレス・セゴビアエミリオ・プジョルのような有名な音楽家と接触をとっていた。1904年バルセロナに戻った。

作曲家としてはほとんど独学であり、歌劇《ピレネーの人々 Els Pireneus》(1891年作曲、1902年1月4日バルセロナ初演)のほか、いくつかのサルスエラや管弦楽曲、室内楽、宗教曲、声楽曲を遺した。