ファルコ (ミュージシャン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Falco
ファルコ
ファルコ(左)。右はUrsela Monn}
ファルコ(左)。右はUrsela Monn
基本情報
出生名 Johann Hölzel
出生 1957年2月19日
出身地 オーストリアウイーン
死没 1998年2月6日(満40歳没)
ジャンル ラップロック
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカル
活動期間 1981年 - 1998年
公式サイト http://www.falco.at/
デヴィッド・ボウイ

ファルコ(Falco、本名:ヨハン・ヘルツェル、Johann Hölzel、1957年2月19日 - 1998年2月6日)は、オーストリアのミュージシャン。「ロック・ミー・アマデウス」のヒット曲で知られる。

プロフィール[編集]

デビュー[編集]

オーストリア共和国ウィーン出身。ハードロック・パンクバンドのベーシストとして音楽キャリアをスタートした後、1981年にソロアーティストとしてデビューし、「秘密警察」(原題: Der Kommissar)をヨーロッパでヒットさせる。この曲はアフター・ザ・ファイアーによる英語バージョンもリリースされアメリカでヒットした。

この曲が出た頃はまだラップヒップホップという言葉が馴染む前であった。

「ロック・ミー・アマデウス」[編集]

1985年、「ロック・ミー・アマデウス」(原題: Rock Me Amadeus)をリリース。刺激的なヒップホップのビートに乗せてモーツァルトの生涯をラップで歌い込んだこの曲は、地元オーストリアを皮切りにヨーロッパ各国でチャート1位を獲得し、翌1986年にはアメリカでもBillboard Hot 100で1位の大ヒットを記録する。アメリカでは英語圏出身でない外国人アーティストが大ヒットを飛ばすのは難しく、しかも色物扱いされる類の曲であったが、英語とドイツ語を交互に操ったラップの面白さと、1984年の映画『アマデウス』のヒットを受けた話題性、クラシックの偉人を茶化した痛快さが、異例の大ヒットにつながったといわれている。

その後は世界的なヒットはなかったもののオーストリアでは安定した音楽活動を続け、出したアルバムは国内チャートでほぼ全て1位であった。

木村拓哉が出演しているマンダム・ギャッツビーCMでこの曲の替え歌が使用されている。

ウィーン中央墓地にあるファルコの墓(2006年撮影)
ガルス・アム・カンプにあるファルコの像(2011年撮影)

死去[編集]

1996年ドミニカ共和国に移住。1998年2月6日、ドミニカ共和国サント・ドミンゴで自動車事故により死去。なお、検死結果では、血液中から高濃度のアルコールコカインが検出された。遺体はオーストリアウィーン中央墓地に埋葬されており、墓には『Nachtflug』のジャケットに使われた写真が飾られている。

没後[編集]

2000年にドイツ・ベルリンでミュージカル『Falco meets Amadeus』が初上演され、その後もドイツ語圏各地で上演されている。没後10年となった2008年には、最後のアルバム名をタイトルとした伝記映画『Falco - Verdammt wir leben noch!』が製作され、オーストリア、ドイツ、チェコにて公開(日本では未公開だが2010年にキュリオスコープより『ROCK ME AMADEUS - ファルコ 運命に翻弄されたスーパースター』のタイトルでDVD発売)。2010年10月、ヨーロッパ圏では代表作『Falco 3』の発売25周年を記念して、スペシャル・エディションがデジタルリマスター盤として再発売された。これは「ロック・ミー・アマデウス」が収録された通算3作目のアルバムで、日本盤のタイトルも『ロック・ミー・アマデウス』であった。

ディスコグラフィー[編集]

スタジオアルバム[編集]

アルバムの情報 各国のチャート順位 備考
AT DE CH UK US
1982 デア・コミッサー 1 19 64

このアルバムで世界的に知られるようになる

1984 ユンゲ・ローマ―
  • 原題: Junge Roemer
  • リリース: 1984年
  • レーベル: GIG
1

現在このアルバムはカルト的と批評されている

1985 ロック・ミー・アマデウス
  • 原題: Falco 3
  • リリース: 1985年
  • レーベル: GIG
1 2 1 32 3

このアルバムで世界的スターとなる

1986 エモーショナル 1 1 5

彼の娘だと言われているキャサリーナ・ビアンカに捧げられたアルバム

1988 ウィーナー・ブラッド
  • 原題: Wiener Blut
  • リリース: 1988年
  • レーベル: TELDEC
2 9 12

前作同様キャサリーナに捧げられている

1990 データ・デ・グルーヴ 11
1992 Nachtflug 1 73

「ロック・ミー・アマデウス」以降大きなヒットが無かったが、このアルバムの「タイタニック」がドイツ語圏で大ヒットする

1998 Out of the Dark (Into the Light)
  • (日本盤未発売)
  • リリース: 1998年2月27日
  • レーベル: EMI Electrola
1 3 4

本来アルバムタイトルは『Egoisten』(8曲目に「Egoist」という曲が入っている)となるはずだった。死後3週間後に発売

1999 Verdammt wir leben noch
  • (日本盤未発売)
  • リリース: 1999年
  • レーベル: Sony Music/EMI Electrola/GIG
3 35

死の前に収録済みだった楽曲が含まれている。「ちくしょう、私たちはまだ生きている」という意味のアルバムタイトルは伝記映画のサブタイトルに使われている

2009 The Spirit Never Dies
  • (日本盤未発売)
  • リリース: 2009年12月4日
  • レーベル: Starwatch/Warner Music
1 3 33

一緒に仕事をしたことがあるプロデューサーのレコーディングスタジオが
浸水した際に発見された楽曲が収録された

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]