ピーター・ピアーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サー・ピーター・ネヴィル・ルアード・ピアーズ(Sir Peter Neville Luard Pears, 1910年6月22日 ファーナム - 1986年4月3日 オールドバラ)は、イギリステノール歌手。作曲家ベンジャミン・ブリテンの生涯にわたるパートナーとして知られた。

解説[編集]

サリーファーナムに生まれたピアーズはオックスフォード大学キーブル・カレッジで音楽を学ぶかたわら、同大学ハートフォード・カレッジオルガニストを務めた。キーブル・カレッジを中退後は王立音楽大学で2学期間声楽を学んだ。

1934年にピアーズはブリテンと出会う。1937年、ピアーズとブリテンは初めての共同リサイタルをオックスフォード大学ベリオール・カレッジで開催した。その後2人はアメリカを旅行している。帰国後、彼らはウィグモア・ホールにおいてブリテンの「ミケランジェロの7つのソネット」を演奏し、同曲をEMIに録音した。これがピアーズとブリテン最初の共同録音となる。

ブリテンの作品には、ピアーズを想定して書かれた重要なテノールの役が数多い。例えば、「ノクターン」、「テノール、ホルンと弦楽のためのセレナード」、数曲のカンティクル、オペラピーター・グライムズ』、『アルバート・ヘリング』(タイトル・ロール)、『乞食オペラ』(マクベス役)、『オーウェン・ウィングレイヴ』(サー・フィリップ・ウィングレイヴ役)、『ビリー・バッド』(ヴィア艦長役)、『ねじの回転』(クイント役)、『ベニスに死す』(アッシェンバハ役)、および『カーリュー・リヴァー』(狂女役)をはじめとする3つの宗教的寓話などである。

ピアーズは『夏の夜の夢』では副脚本家を務め、同作において自身でも数少ない喜劇的な役を作り上げた。彼はオルガン修理屋のフルート役として、『ランメルモールのルチア』における狂乱の場面を歌ったジョーン・サザーランドのパロディを演じたのである。

通常の歌手と異なるピアーズの声は、論議に上がることがあった。「退屈で活気のない("dry and white")」声と言われ、"ピアーズがきれいに歌える音域は1箇所だけ、中央ハから3音上の[要出典]までである。『ピーター・グライムズ』に出てくる重要なアリア「大熊座とスバル星は」(Now the Great Bear and Pleiades)がこの音域を中心に書かれているのはそのためだ"などと酷評されたこともある[誰によって?]。残されている録音ではピアーズの声の特徴がそのまま記録されているとは言い難いものの、きわめて優れたアーティキュレーションと機敏さが彼の長所であったことは疑いなく、ブリテンもその才能をうまく生かしていた。

1974年、ピアーズは『ベニスに死す』のアッシェンバハ役で、メトロポリタン歌劇場の初舞台を踏んだ。彼は主にロイヤル・オペラ・ハウスや、その他のヨーロッパやアメリカの主要なオペラハウスに登場した。

彼はまた、ブリテン伴奏によるフランツ・シューベルト歌曲でもその解釈を評価されており、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ受難曲では福音史家のパートを担当したことでも知られている。

ピアーズは1978年にナイトに叙された。

1986年、サフォーク州オールドバラにおいて75歳で逝去。ピアーズの墓はオールドバラの聖ペテロ聖パウロ教会の墓地に、ブリテンの墓と隣接して置かれている。

外部リンク[編集]