キーブル・カレッジ (オックスフォード大学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キーブル・カレッジ (Keble College, Oxford)は、1870年に設立された、オックスフォード大学の構成カレッジの1つ。

キーブル・カレッジは、英国国教会主教詩人であったジョン・キーブルを顕彰した募金により設立された。 オックスフォード大学の自然史博物館とオックスフォード大学公園の真向かい、計算機学科の隣に位置する。

ジョン・キーブルが、カトリック国教会の調和を試みたことから、カレッジ・チャペルでは、カトリックと国教会の合同礼拝が行われることがある。

キーブル・カレッジは、女子学生のレガッタ・クラブがあり、学寮の壁に歴代のメンバーによる戦歴を示すペイントが残されている。

施設[編集]

建築家ウィリアム・バターフィールドによる、レンガ造りの建物であり、広大な中庭を囲むように、男女の学生寮、食堂、教官スイート、図書館、チャペルが配置されている。

チャペルのパイプオルガンによる演奏が、定期的に、オクスフォード・ラジオ局により収録・配信されている。

外部リンク[編集]