ピルミン・ツルブリッゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
名前
本名 Pirmin Zurbriggen
基本情報
生年月日 1963年2月4日(51歳)
生誕地 スイスの旗 スイスヴァレー州、Saas-Almagell
ワールドカップ戦歴
デビュー年 1981年
引退年 1990年
総合優勝 1984年、1987年、1988年、1990年
通算成績 W杯通算40勝、表彰台回数83回、種目別優勝9回(大回転:1984年、1987年、1989年。スーパー大回転:1987-1990年。滑降:1987年、1988年)
 
獲得メダル
オリンピック
1988 男子滑降
1988 男子大回転
アルペンスキー世界選手権
1985 滑降
1985 複合
1987 スーパー大回転
1987 大回転
1985 大回転
1987 滑降
1987 複合
1989 スーパー大回転
1989 大回転

ピルミン・ツルブリッゲン(Pirmin Zurbriggen、1963年2月4日 - )は、スイスの男子アルペンスキー選手。1980年代中盤より活躍した、スイスが誇るオールラウンダー。マーク・ジラルデリと並んで1980年代を代表するアルペン界のスターである。

実妹のハイデイ・ツルブリッゲンも有力な女子アルペンスキー選手であった。また遠い親戚として、現在回転を中心に活躍中のシルバン・ツルブリッゲンがいる。

主な成績[編集]

略歴[編集]

1980年12月にFISワールドカップにデビュー。1982年3月にイタリア・サンシカリオで行われたFISワールドカップ大回転・最終戦で初勝利。1984年にはサラエボオリンピック・滑降で4位に入ったほか、FISワールドカップ総合優勝、同じく大回転の種目別チャンピオンも獲得し国際的な注目を集める。

翌1985年には、世界選手権の3週間前に行われたオーストリアキッツビューエルでのFISワールドカップ・滑降において右膝靭帯を損傷する怪我に見舞われるも、イタリア・ボルミオで行われた世界選手権本番では元気な姿を見せただけでなく、滑降・アルペン複合の2種目で金メダル、大回転でも銀メダルに輝いた。

1987年にはFISワールドカップ総合優勝に加え滑降・スーパー大回転・大回転の種目別チャンピオンとなり、世界選手権でも大回転・スーパー大回転の2冠を獲得したほか滑降・アルペン複合でも銀メダルと、まさに向かうところ敵なしの大活躍。翌1988年もカルガリーオリンピックでの活躍(前述)のほか、FISワールドカップ総合優勝、滑降・スーパー大回転の種目別チャンピオンと黄金時代を迎えた。

1989年はFISワールドカップの総合優勝こそ逃すものの、スーパー大回転・大回転で種目別チャンピオンを獲得。ツルブリッゲン、ジラルデリにアルベルト・トンバを加えた3強時代はまだまだ続くかと思われたが、同年8月にオーストラリア・スレドボで行われた1989/1990年シーズンのFISワールドカップ・開幕戦においてツルブリッゲンは同シーズン限りでの引退を表明。最後のシーズンをFISワールドカップ総合優勝、スーパー大回転の種目別チャンピオンで飾り有終の美を飾った。

引退後は両親とスイス・ツェルマットと生地においてホテルを経営している。