カルロ・ヤンカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルロ・ヤンカ
Carlo Janka.jpg
名前
本名 Carlo Janka
基本情報
国籍 スイス
所属 Obersaxen
生年月日 1986年10月15日(27歳)
生誕地 スイスの旗 スイスグラウビュンデン州、オーバーサクセン
身長 186cm
ワールドカップ戦歴
デビュー年 2005年
総合優勝 2010年
 
獲得メダル
オリンピック
2010 バンクーバー 大回転
アルペンスキー世界選手権
2009 ヴァル=ディゼール 大回転
2009 ヴァル=ディゼール 滑降

カルロ・ヤンカ: Carlo Janka1986年10月15日 - )は、スイスアルペンスキー選手。ドイツ語圏であるグラウビュンデン州オーバーサクセン出身。

スキーのキャリア[編集]

2001年12月に国際スキー連盟のレースに初出場し、2004年1月にはヨーロッパカップに初出場した。2005年12月にワールドカップに初出場したが、その時は完走できなかった。2006年にカナダケベック州モン=サン=アンで行われたジュニア世界選手権では3位入賞し、連盟公認のレースでは初めて表彰台に立った。2007年のシーズン終了時にはヨーロッパカップランキング全体で4位についた。

2006年12月17日にイタリアのアルタ・バディアで開かれたワールドカップの大回転では20位に終わったが、2年後の2008年11月29日にカナダのアルバータ州ルイーズ湖で開かれたワールドカップの滑降では2位に入り、急成長を見せた。その2週間後の12月13日にはフランスのヴァル=ディゼールで開かれたワールドカップの大回転で優勝し、翌月にスイス、ヴェンゲンのラウバーホルン山での大会でも優勝した。その後、2009年にヴァル=ディゼールで開かれた世界選手権では大回転で金メダル、滑降で銅メダルを獲得した。

2009年12月4日から3日間にかけて、ヤンカはアメリカ合衆国コロラド州ビーバークリークの「バーズ・オフ・プレイ」コースで開かれたワールドカップでスーパー複合、滑降、大回転の三種目において勝利した。これは10年前に同じ場所でオーストリアのヘルマン・マイヤーが達成して以来10年ぶりのことである。また、同じ週末にカナダのルイーズ湖で開かれた女子ワールドカップではアメリカのリンゼイ・ボンが二種目で勝利し、三種目めで僅差で敗れるという擬似記録をつくった。2010年1月16日にはラウバーホルン山で開かれたワールドカップの滑降種目でも優勝した。

2010年2月23日にカナダのブリティッシュコロンビア州ウィスラーのウィスラー・クリークサイドで行われたバンクーバーオリンピックの大回転種目では金メダルを獲得した。3月にドイツガルミッシュで行われたワールドカップではスイス人選手で4人目となる総合優勝を果たした。

ワールドカップでの優勝歴[編集]

シーズンタイトル[編集]

シーズン 部門
2009年 複合
2010年 総合

レース[編集]

滑降が3、大回転が3、スーパー複合が2の計8回

シーズン 日にち 開催地 種目
2009年 2008年12月13日 フランス、ヴァル=ディゼール 大回転
2009年1月16日 スイス、ヴェンゲン スーパー複合
2009年世界選手権
2010年 2009年12月4日 アメリカ合衆国、コロラド州ビーバークリーク スーパー複合
2009年12月5日 アメリカ合衆国、コロラド州ビーバークリーク 滑降
2009年12月6日 アメリカ合衆国、コロラド州ビーバークリーク 大回転
2010年1月16日 スイス、ウェンゲン 滑空
バンクーバーオリンピック
2010年3月10日 ドイツ、ガルミッシュ 滑降
2010年3月12日 ドイツ、ガルミッシュ 大回転

外部リンク[編集]