ビルガンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビルガンジ
वीरगञ्ज
インドとの国境
インドとの国境
座標 : 北緯27度00分 東経84度52分 / 北緯27.000度 東経84.867度 / 27.000; 84.867
行政
ネパールの旗 ネパール
 県 ナラヤニ県
 郡 パルサ郡
 市 ビルガンジ
人口
人口 (2001年現在)
  市域 112,484人
その他
等時帯 UTC+5:45 (UTC+5:45)
夏時間 なし

ビルガンジ: Birganj)は、ネパール。準大都市自治体。ナラヤニ県では最大都市で、パルサ郡の郡庁所在地である。いわゆるマデス地方に属す。ビールガンジとも呼ばれている。

概要[編集]

南ネパールの国境の町で、首都カトマンズから西へ190キロ離れている。インドビハール州との国境から北に2キロの距離である。ネパールからパトナコルカタへの入り口である一方、インド側からはネパールの玄関として知られている。インドからネパールに入ってくる物資の大きな部分がラクソールからビルガンジ経由なので、この町はネパールにとって重要な経済的意味を持っている。

2005年の推計では、人口は133,244人で国内5位。ボージュプリー語ネパール語マイティリ語ネワール語マルワリ語ヒンディー語などが話されている 。

ビルガンジは、ネパールの主要なビジネスの中心で、特に対インド貿易の中心である。

教育[編集]

  • トリブバン大学・タクール・ラム総合キャンパス:タライ地方で最も古い大学のひとつである。2003年には50年祭を迎えた。科学技術の研究所が一つと、芸術、商業、教育の3学部が一つのキャンパスにある。

ビルガンジ騒乱[編集]

2006年5月18日、ネパール議会はヒンドゥー教国教を廃止し、世俗国家になったと宣言したが、このことはネパール中のヒンドゥー教原理主義者の騒乱を引き起こした。このとき、ビルガンジはこの騒乱で2日間閉鎖を余儀なくされた[1]

脚注[編集]

  1. ^ Nepal's Hindu majority is denouncing the recent move to end Nepal's longtime status as the world's only Hindu state. - The Christian Science Monitor

外部リンク[編集]