バーメイン・スタイバーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーメイン・スタイバーン
基本情報
本名 バーメイン・スタイバーン
通称 B. WARE
階級 ヘビー級
身長 188cm
リーチ 203cm
国籍 カナダの旗 カナダ
誕生日 1978年11月1日(35歳)
出身地 ハイチの旗 ハイチラ・プレイン
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 26
勝ち 24
KO勝ち 21
敗け 1
テンプレートを表示

バーメイン・スタイバーンBermane Stiverneバーメイン・スティバーンとも表記される、男性、1978年11月1日 - )、カナダプロボクサーハイチのラ・プレイン生まれ。現WBC世界ヘビー級王者。身長のわりに長いリーチから放たれる強打は抜群の破壊力がありKO率は80%を超える。ドン・キングのドン・キング・プロダクションズ所属。トレーナーはマネージャーを兼任しているカミール・エステファン。

来歴[編集]

10歳の時に家族と共にハイチからマイアミへ移住。大学時代はアメリカンフットボールをやっていたが怪我で断念しボクシングへ転向した[1]

アマチュア時代[編集]

アマチュア時代の戦績は59戦49勝10敗。

プロ時代[編集]

2005年7月29日、スタイバーンは25歳でプロデビューを果たし初回1分26秒TKO勝ちで白星でデビューを飾った。

2006年7月8日、フランクリン・ロウレンスと対戦し初回57秒TKO勝ち。

2007年7月7日、デメトリス・キングと対戦し4回1分59秒TKO負けで格下相手にキャリア初黒星が付いた。

2008年7月11日、ブラッド・グレゴリーと対戦し初回2分35秒TKO勝ち。

2009年2月14日、ロベルト・ホーキンスと対戦し8回3-0(2者が77-73、78-72)の判定勝ち。

2010年11月11日、ラモン・ヘイスと対戦し初回2分8秒KO勝ち。

2011年1月29日、カートソン・マンスウェルとWBCインターナショナル並びにWBC全米並びにWBAフェデラテンヘビー級王座決定戦を行い、2回1分52秒TKO勝ちで王座獲得に成功した。

2011年6月25日、WBC世界ヘビー級3位レイ・オースティンとWBC世界ヘビー級シルバー王座決定戦を行い、8回までの判定では0-2(85-85、2者が84-86)とオースティンに僅かにリードを奪われていたが、10回に右フックで痛烈なダウンを奪うとレフェリーが試合をストップ。10回43秒逆転TKO勝ちで王座獲得とビタリ・クリチコへの指名挑戦権獲得に成功した。

2012年4月14日、ウィーリー・ヘリングと対戦し8回3-0(2者が79-73、77-75)の判定勝ち。

2013年4月27日、クリス・アレオーラと対戦し3回にアレオーラからダウンを奪って試合を優位に進め12回3-0(2者が117-110、118-109)の大差判定勝ちで初防衛に成功した[2]

2013年8月、スタイバーンが挑戦権を獲得したにもかかわらず、王者ビタリ・クリチコは2012年9月以降試合を1度も行っておらず引退か現役続行か曖昧な状態が続いていた。さらにビタリは最後に行った指名戦が2011年9月のトマシュ・アダメクとの試合で2年以上指名戦を行っていなかった。2度も指名挑戦者決定戦に勝ちビタリへの挑戦権を得ていたスタイバーンは、ビタリ側が3度に渡り指名戦入札を回避したことで「WBCがビタリを贔屓しているとは思いたくないが、期限内に指名戦を戦わなかったアンドレ・ウォードセルヒオ・マルティネスの王座を剥奪したWBCがビタリのベルトを剥奪しないのは公平でない、WBCは自身のルールを守っておらず選手を平等に扱ってもいない」とWBCとビタリを批判した[3][4]

2014年5月10日、約1年ぶりの試合をロサンゼルスのガーレン・センターでビタリ・クリチコの引退に伴い空位になったWBC世界ヘビー級王座決定戦をWBC同級2位のクリス・アレオーラとダイレクトリマッチを行い、6回に右フックで2度ダウンを奪った後ダメージの残るアレオーラにさらに連打をまとめるとレフェリーが試合をストップ、6回2分2秒TKO勝ちで王座獲得に成功した[5]。ちなみにESPNが久々にボクシングのヘビー級世界戦の生中継をフライデーナイトファイト放送枠を土曜日の夜ながら急遽拡大スペシャルにして特番放送。試合後に行われたリング上のインタビューでは感極まる場面も見せ、35歳にして涙の世界王座初戴冠となった。

WBCからWBC世界ヘビー級1位デオンテイ・ワイルダーとの指名戦指令と、交渉期限の9月12日までに交渉がまとまらなければ入札になることが発令される。しかし期限までに交渉がまとまらなかったことで10月1日まで交渉期限が延期されるが、10月1日までにも交渉がまとまらなかった事で、今度は新たな期限は設定されず無期限の延期になった[6]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Bermane Stiverne Emerges”. Max.Boxign. 2014年5月10日閲覧。
  2. ^ スティバーン、アレオーラに快勝 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年4月28日
  3. ^ V. Klitschko injury angers Stiverne”. ESPN.com (2013年8月15日). 2013年8月24日閲覧。
  4. ^ クリチコ兄、リング復帰は来年 負傷?政治?”. Box On (2013年8月16日). 2013年8月24日閲覧。
  5. ^ スティバーンが新王者に、WBCヘビー級 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年5月11日
  6. ^ WBC purse bid again postponed”. ESPN.com (2014年10月2日). 2014年10月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
ビタリ・クリチコ
第28代WBC世界ヘビー級王者

2014年5月10日 - 現在

次王者
N/A