バングウェウル湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バングウェウル湖

Bangweulu Swamps.jpg
乾季のバングウェウル湖の湿地

バングウェウル湖の位置
バングウェウル湖
バングウェウル湖の位置(ザンビア)
所在地 ザンビアの旗 ザンビア
ルアプラ州英語版北部州英語版
位置 南緯11度05分 東経29度45分 / 南緯11.083度 東経29.750度 / -11.083; 29.750座標: 南緯11度05分 東経29度45分 / 南緯11.083度 東経29.750度 / -11.083; 29.750
面積 15,100 km2
周囲長 490 km
最大水深 10 m
平均水深 4 m
貯水量 5 km3
水面の標高 1,140 m
成因 構造湖
淡水・汽水 淡水
湖沼型 -
透明度 - m
テンプレートを表示

バングウェウル湖(バングウェウルこ、Lake Bangweulu)またはバングウェル湖はザンビア北東部にある大きく浅い湖である。

湖はコンゴ川水系で、チャンベシ川が北東から流入し、バングウェウル湖南部からルアプラ川へ流れ出しムウェル湖に注いでいる。周りは、年に一度氾濫するチャンベシ川が過度な植生によって水を抑えられて出来る広大なバングウェウル湿地帯に、何百キロメートルも囲まれている。

湖の中にはいくつかの人が住んでいる島があり、南西の岸辺にある Samfya町から島へ渡る船が出ている。湖では漁業が行われ、ワニがいることで知られている。バングウェウルは「水が空に出会う場所」を意味する。

宣教師で、ヨーロッパ人で初めてアフリカ大陸を横断した探検家であるデイヴィッド・リヴィングストンは、1873年にバングウェウル湖南岸にあるチタンポ村で死亡した。

外部リンク[編集]