ムウェル湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムウェル湖
Lake mweru.jpg
ムウェル湖南西部
所在地 ザンビアの旗 ザンビアコンゴ民主共和国の旗 コンゴ民主共和国
面積 5,120 km2
周囲長 436 km
最大水深 27 m
平均水深 7.5 m
貯水量 38.2 km3
水面の標高 917 m
成因 構造湖
テンプレートを表示

ムウェル湖(ムウェルこ、仏: Lac Moero, 英: Lake Mweru)は、アフリカのザンビアルアプラ州コンゴ民主共和国境界にあるである。タンガニーカ湖南端から150km西にある。北東から南西までの長さは96km、南東から北西までの幅45kmの長方形に近い形をしている。面積は4,920km2海抜は917mである。ムウェルとはバントゥー語群の一部で「湖」を指す語のひとつである。

ルアプラ川バングウェル湖から湖の南部に流入し、東からはカルングウィシ川が流入する。北部からルヴア川がコンゴ方面へ流出する。

沿岸にはンチェレンゲをはじめとする多くの漁村が点在している。ンチェレンゲは2つの大きな島であるキルワ島イソクウェ島への入り口となっている。湖の一帯はイエケ族の勢力圏で19世紀頃にはアラブ=スワヒリ商人たちに知られていた。1987年にンチェレンゲへの舗装道路が完成することにより沿岸の人口は増加している。住民の多くはムウェル湖の水産資源を利用している。